知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

蟠龍櫓

桑名城には、元禄大火後に再建された時点で51の櫓があったと記録されている。このなかでも、川口にある七里の渡に面して建てられていた蟠龍櫓は東海道を行き交う人々が必ず目にする桑名のシンボルでした。
歌川広重の有名な浮世絵「東海道五十三次」でも、海上の名城と謳われた桑名を表すためにこの櫓を象徴的に描いています。
蟠龍櫓がいつ建てられたかは定かではありませんが、現在知られているうち最も古いとされる正保年間(1644〜48)作成の絵図にも既にその姿が描かれています。蟠龍の名が文献に初めて表れるのは、享和2年(1802)刊の「久波奈名所図絵」で七里の渡付近の様子を描いた場面です。この絵では単層入母屋造の櫓の上に「蟠龍瓦」と書かれており、櫓の形はともかく、この瓦の存在が人々に広く知られていたことを思わせます。

-

「蟠龍」とは、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことです。龍は水を司る聖龍として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとして広く用いています。蟠龍櫓についても航海の守護神としてここに据えられたものと考えられます。
文化3年(1806)刊の「絵本名物時雨蛤」という書物「臥龍の瓦は当御城門乾櫓上にあり、この瓦名作にして龍影水にうつる。ゆへに、海魚住ずといへり。」とあって、桑名の名物の一つにこの瓦を挙げています。

-

柿本人麻呂

         古に 妹と我が見し ぬばたばの
                   黒牛潟を 見ればさぶしも   柿本人麻呂

    「その昔 妻と私が一緒に見た(ぬばたまの)黒牛潟を見ると何とも淋しい」

-

ぬばたま=ヒオウギ(アヤメ科 多年草)

刻印石(桑名城跡)

桑名城跡の管理事務所東に「刻印石」が5つあります。城の石垣の石にはさまざまな模様や記号が刻まれています。
これを「刻印」といい、刻印は築城に係わった関係者による家紋、家印、符丁、石の産地などを示したものです。

-

-

刻印石は和歌山城や大坂城などでも見ることができます。

本多忠勝(徳川四天王・初代桑名藩主)

本多氏は古くから三河松平家に仕えた家柄であった。天文17年(1548)生まれの本多忠勝は6歳上の徳川(松平)家康の将として旗本の兵を束ね、大活躍を続けた武将である。
13歳で桶狭間の戦いに従軍してから53歳の関ヶ原の戦いに至るまで、主君家康の重要な戦いのほぼすべてに参加した忠勝は、のちの世になっては幕府の基礎を固めた人物として「徳川四天王(本多忠勝・酒井忠次・榊原康政・井伊直政」の一人に数えられる。

-

-

元亀1年(1570)徳川家康が織田信長に従い浅井・朝倉と戦った姉川の戦いでの勇猛果敢な突撃、また、元亀3年(1572)、武田信玄と戦った三方原の戦いでの奮闘ぶりが有名で、三方原では武田方から「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭(家康の兜 中国から輸入されるヤクという動物の尾で飾られた)に本多平八(平八は忠勝の通称)と称賛されている。
さらに天正12年(1584)、羽柴(豊臣)秀吉と対決した小牧・長久手の戦いにおいては、秀吉の大軍をわずか500の小勢で挑発、その堂々たる態度は、のちの秀吉をして「西の立花宗茂、東の本多忠勝」「天下泰平になれば忠勝に若者たちの武道教育をさせよう」と嘆賞せしめた。

黄昏の狭山池

たそがれの狭山池
平成の大改修が行われ池の周囲に遊歩道が設置され多くの市民が利用している。周囲約3辧速歩で歩いているが、これからの季節は北西の風が湖面を通ると手が痺れる。

-


狭山池は飛鳥時代に築造された我が国最古のダム式ため池です。飛鳥時代前期、朝廷によって西除川と三津屋川の合流点付近を堰き止め築造したとされていますが、正確な築造年は明かでは無く、4世紀〜7世紀の改修記録が残る時期まで幅広い説があります。古事記や日本書紀にもその名が記されています。

         大和には 聞こえ行かぬか 大我野の
                    竹葉刈り敷き 廬りせりとは   作者未詳

    「妻の待つ大和には伝わって行くだろうか 大我野の竹の葉を刈り敷いて仮寝していると」

-

竹=タケ(イネ科 多年生常緑木本)

神戸櫓跡(桑名城跡)

戦国時代、この付近には伊藤武左衛門が治める東城があったとされる。織田信長の伊勢侵攻の時、伊藤氏は降伏し東城は廃されたものと考えられる。

-

文禄の頃(1592〜1596)、一柳直盛が城主となると城郭が築かれ、其の時伊勢神戸城(現在の鈴鹿市神戸)の天守閣を移したと云われている。
江戸時代、初代藩主本多忠勝は城を拡張し、本格的な近代城郭を築いたが、神戸城の天守閣は櫓としてそのまま残され「神戸櫓」と呼ばれた。

-

桑名宿

桑名は東海道42番目の宿駅であり、桑名藩の城下町で、また、木曽三川の河川交通、伊勢湾の海上交通を担う港町でもあった。
その上、桑名は熱田宮宿に次いで、東海道中第二位の宿数を誇り、一の鳥居を擁する伊勢路の玄関口として賑わいを見せていた。

-

-

江戸時代の東海道は、慶長六年(1601)正月に定められ桑名宿も設けられた。江戸から約九六里(約384辧法京都から約三十里(約120辧砲任△辰拭5椽鼻頁田)から海上七里(約28辧法∋容市宿までは陸上三里八丁(約13辧法⊆稽い療呂珪譴ら川口町、江戸町、片町、京町、吉津屋町、鍛冶町、新町、伝馬町、鍋屋町、矢田町、福江町までが桑名宿であり、さらに大福、安永を通り町屋橋を渡って東海道が続いていた。
天保十四年(1843)の調べでは宿内人口は八千八百四十八人であり、本陣二軒、脇本陣四軒、旅籠屋百二〇軒があった。

-

桑名城城壁

正面の堀川東岸(三の丸地内)の城壁は、桑名城城壁の一部で川口町揖斐川に面する川口樋門から南大手橋に至る延長約500メートルが現存し、市の文化財に指定されている。

-

積石の状態は乱積みで、野面はぎ、打込はぎの二方法によており、また刻印を刻んだ積石も多く見かけられる。片町に面したところには出隅、入隅があった。各所に堀川に向かって狭い通路が設けられているのは、明治以降、廃城になってから便宜上付けられたものと考えられる。
戦前までは南大手橋から京橋裏、それに三之丸立教小学校横まで堀川は続いていたが、終戦直後、またたく間に埋め立てられた。この城壁には老松が並木を作り枝は堀へ垂れ川水は満々と美しく、行き交う荷船で賑わった。

-

かきつはた

         常ならぬ 人国山の 秋津野の
                かきつはたをし 夢に見しかも   作者未詳

         「(常ならぬ)人国山の秋津野のかきつばたを夢に見たことだ」

-

かきつはた=カキツバタ (アヤメ科 多年草)

夫婦杉

-

千早赤阪村営ロープウエイ金剛駅から約40分、夫婦杉と名付けられた杉の木の下に、
「二十代は愛で、三十代は努力で、四十代は我慢で、五十代は諦めで、六十代は信頼で、七十代は感謝で、80代は一心同体で、そしてこれからは空気のようなふれ愛で」 と刻まれていた。

-

磐姫皇后

         君が行き 日長くなりぬ 山尋ね
                迎へか行かむ 待ちにか待たむ   磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)

-

     「君の行幸は日数が長く経った 山を尋ねて迎えに行こうか ひたすら待とうか」

山尋=ニワトコ(スイカズラ科 落葉低木)

金剛山

9月25日(火)、金剛山へ登ってきました。といっても往復ロープウエイを利用しました。

金剛山ロープウエイ千早駅

-

金剛山駅

-

金剛山は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境にある山。かつては高間山・高天山や葛城嶺といわれていた。金剛山地の主峰である。

標高1125メートル、最高地点は葛木岳といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされている。

-

-

-

国見城跡

-

山吹

         山吹は 日に日に咲きぬ 愛しと
                我が思う君は しくしく思ほゆ   作者未詳

-

   「山吹は日ごとに咲いています すばらしいと私が思うあなたが、しきりに慕わしく思われます」

山吹=ヤマブキ(バラ科 落葉低木)

柿本人麻呂

         古の 人の植ゑけむ 杉が枝に
                  霞たなびく 春は来ぬらし   柿本人麻呂

(古の人が植えたであろう その杉の枝に霞がたなびいている 春はきたらしい)

-

杉(スギ科 常緑高木)

野ざらし紀行

         冬牡丹 千鳥よ雪の ほととぎす
                               松尾芭蕉 「野ざらし紀行」跡冬牡丹句碑

-

松尾芭蕉が貞亨元年(1684)「野ざらし紀行」の旅のおり、詠んだ句である。句碑は江戸時代には建立されていたが失われていたため昭和12年に大阪の俳人野田別天楼、施主は桑名の俳人小林雨月によって建てられた。

八壺豆

伊勢に詣る人は必ず訪れたと云う、多度は古い門前町、多度山を背景に八壺渓谷みそぎの滝の前で茶店の老婆が片手間に創り始めたと伝えられ、八壺渓谷の名を冠したものでみそぎの滝の滴こと落ちる銀色に輝く水滴に形どったものです。

-

当時の八壺豆は形も小さく色も黒ずんでいましたが大正時代になり製法に改良向上を加え近代人の好みに合うべく工夫致し、現在は八壺豆(通称 多度豆)とも云われ広く販売されています。
滋養豊富な高雅なる風味は萬人に適し、厳選した材料を独自の製法に仕上げた自然食品です。

美濃街道(多度)

多度駅(養老鉄道線)

-

美濃街道は、一般に尾張の東海道宮宿と美濃の中仙道垂井宿を結ぶ脇街道を指すが桑名からも美濃国に至る街道が開けていた。七里の渡しから東海道を南下し、川口町と江戸町との境で西へ向かう道は三崎通り、堤原を経て再び左右に分かれる。
左側は照源寺や桑名駅へ向かう八丁縄手と称する道、右側は美濃・多度方面へ向かう福島縄手と称する道である。現在、堤原との分岐点に建っている道標は、弘化4年(1847)の建立で、「右みの多度みち」に加え、「左すてん志よみち」と彫り込まれている。「すてん志よ」とは、ステーションつまり駅のことで、明治28年に関西鉄道(現関西本線)桑名駅が開業し、左に進む道が駅に行く幹線道路となったため、従来からあった道標に新しく彫り加えたと考えられる。「右みち多度みち」の書体や彫りの深さと若干の違いが見られる。

-

-

この美濃街道を多度道と称する人もいるが、正確には美濃街道が途中で多度道に分かれたものである。桑名は揖斐・長良・木曽の三大河川の河口に位置するため、上流の美濃地方と水運による交易が盛んであった。
福島縄手を行く街道は、すぐに国道1号線と重なり、住宅や商店、小工場などの市街地が続くが、天正時代までは一面に田が広がる道があったが昭和7年に国道が出来てから町並みを形成するようになっていった。その国道も1キロ足らずで東へ分かれていき、街道は国道258号の西側を養老鉄道線に進む。

-

-

桑名市の多度町戸津は、古い町並みがよく残っており、、代々庄屋を務めていた西田家の長屋門と堀は風情漂う。戸津から多度川を渡って西に200メートルほど進んだ三叉路には、多度大社に参詣する人のための道標があり、東側には「すぐ多度道」と刻まれ、西側には多度大社からの帰路を示す「右つしま左ミの道」と刻まれている。

紀女郎

         昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木の花
                    君のみ見めや 戯奴さへに見よ   紀女郎(きのいらつめ)

(昼間は咲き夜は恋いつつ寝るという ねむの花です あるじだけ見るべきでしょうか おまえも見なさい)

-

-

合歓木(ネムノキ マメ科 落葉高木) 

ヤマザクラ

桜(バラ科 落葉高木)

         春雨に 争ひかねて 我がやどの
                   桜の花は 咲きそめにけり   作者未詳

         (春雨に逆らいかねて家の庭の桜の花はほころびはじめた)

-

うのはな

卯の花(ウツギ ユキノシタ科)

       春されば卯の花ぐたしわが越えし
              妹が垣間は荒れにけるかも    作者未詳

-

万葉集は、日本最古の歌集で四千五百十六首の歌が集められています。その内、植物に関係する歌は、千五百首を越え、万葉びとは野山に出ては草木花と親しみ、それを摘んで食べ、薬にし、草木の汁で衣を美しく染めたりしました。

-

和泉山脈

前方の山並みは和泉山脈である。左方面の加太海岸から次第に標高を増して右方向最高峰 和泉葛城山(857)へと続く、山麓の南麓には日本列島を南北に二分する中央構造線が横たわり、その南に紀の川が西流する。
紀の川の北岸には大和と紀伊を結ぶ古代の官道が通っている。額田王・山部赤人・笠金村をはじめ多くの飛鳥・奈良時代の歌人が歩いたであろうことに思いを馳せると「万葉集」に詠まれた世界がより身近に感じられる。

-

-

     我が背子が 跡ふみ求め 追ひ行かば
               紀伊の関守い 留めてむかも
(私が、紀ノ國へ行った夫の足跡を探し歩いて夫を追いかけていったならば紀の関守は私を留めるであろう。追いかけて行きたいのだが。)

-

岩橋千塚古墳群

岩橋千塚は、すでに江戸時代の天保年間にその存在が記録され、学術的な調査としては明治40年大野雲外がこの古墳群を調査して、石梁と石棚の架構された特異な横穴式石室を学会に紹介し、さらに翌年にはイギリス人N.G.マンロ−がヨ−ロッパで発表している。
本格的な発掘調査は、大正7年から10年かけて和歌山県が中心となって実施されその結果、歴史的に重要な古墳群として、昭和6年に国の史跡となり、さらに昭和27年には特別史跡に指定されている。

-

前山A13号墳

-

-

前山A32号墳

-

-

-

岩橋千塚古墳群には、様々な形の古墳があります。古墳の形には円墳、方墳、前方後円墳などがあり、これらは上から見たときの形を示していて、円墳は丸く方墳は四角く前方後円墳は四角と丸を前後に組み合わせた形をしています。
沢山の古墳が密集したものを群集墳と呼びますが岩橋千塚古墳群は全国的にも特に大きな群集墳として知られています。丘陵上に前方後円墳が並び、周囲に円墳が密集している様相は、この古墳群の独特なあり方として注目されています。岩橋千塚古墳群の9割は円墳で残りの1割が方墳と前方後円墳です。

-

旧小早川家住宅

この住宅は和歌山県の日高川上流の日高川町美佐の山間部に約250年前に建てられました。山間部にあった農家で主屋は南面して建てられ西には納屋がありました。
建築年代は18世紀後半と推定されています。向かって右には前後通しの土間があり、床上部分は「おもて」が主で全面に縁、背面に「なんど」がとられているきわめて小規模な住宅ですが二間取りという日本民家の初期の平面をよく残している建物です。

-

-

また、大きな屋根を持つ建物で土間にはカマドがあり、部屋には暖房や食事に使う囲炉裏がありました。

-

旧松村家住宅

この住宅は和歌山県の有田川を見下ろす段丘の平地に主屋と納屋が北面して建てられていました。主屋の建築年代は18世紀後半と推定されています。
向かって左が土間で床上部分は「おもて」「だいどころ」「なんど」を配した三間取りで左側面の外壁は軒一杯に造られ土間を広くしています。

-

-

-

小規模農家の典型的な地方民家である。
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ