知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

狭山池周遊路

狭山池を一周してみたら満開の桜もあるが終わっているのもある。葉桜もチラホラ、それでもビニールシートを広げてくつろいでいる人達も多い。

-

-

-

-

伏見口の戦い激戦地跡

江戸時代、京へ向かう高瀬舟、大坂へ向かう三十石船、山城へ向かう淀二十石船、宇治へ行く芝舟など、千数百隻にもおよぶ舟運で賑わった伏見港の中心がこの京橋付近です。角倉了以による高瀬川の開削で洛中と伏見が舟運で結ばれるとさらに発展しました。
ここから蓬莱橋北詰を結ぶ南浜一帯には大名の宿泊する本陣が4軒、家臣が宿泊した脇本陣2軒をはじめ、39軒の旅籠が軒を連ねていました。

-

江戸幕府は伏見を伝馬所として位置づけ、問屋場には人足100人、馬100頭が常時用意され、前の宿場から運ばれてきた公用の荷物を積み替え、次の宿場まで搬送するという継ぎ立組織がありました。一般の荷物を扱う馬借も旅人や荷物で賑わっていました。
橋の南詰めには三十石船のように運上金によって幕府に公認された過書船を取り締まる「過書船番所」、一般の船を検閲する「船番所」、人足、駕籠、馬借の賃料などを掲示する「船高札場」などが設けられました。
幕末の慶応4年((1868)1月2日、鳥羽伏見の戦いが始まる前日夕刻、会津藩の先鋒隊約200名が大坂から船で伏見京橋に上陸し、伏見御堂を宿陣として戦いました。伏見奉行所に陣を置いた幕府軍や新選組が民家に火を放ちながら淀方面へ敗走したので、この辺りの多くの民家が焼かれ大きな被害を受けました。

京橋(伏見)

この橋を京橋という。橋下の流れは宇治川に注ぎ淀川に通じている。
淀川の水運は、古くは京・大坂を結び、また琵琶湖を経て、遠く東海道・北陸とも連絡する交通上の大動脈であったが、慶長年間(1596〜1615)、角倉了以が京都市中と伏見との間に高瀬川を開削するに及んで、この付近は旅人や貨物を輸送する船着場として大いに栄えた。

-

淀川を上り下りして貨客を運んだ三十石船や高瀬川を往来した高瀬舟、さらに宇治川を下ってきた柴船などがこの辺りにひしめき合い、数十軒の船宿も立ち並んで、昼夜の別なく雑踏を極めた。

-

しかし、明治初年、京都・大阪間に鉄道が開通するに至って次第にさびれ、今は往時の盛観は見られないが、ここから東約50メートルの所にある旅館「寺田屋」がわずかに昔の船宿の名残をとどめている。

日本最初の市電・中書島駅

日本最初の市電(中書島駅)
我が国最古の電車路線であった伏見線(塩小路高倉〜中書島間)7.1キロと稲荷線(勧進橋〜稲荷間)0.7キロは昭和45年3月31日限りをもって廃止となった。
伏見線の歴史は長く、最初は京都電気鉄道株式会社の手によって塩小路東洞院から油掛町間が明治28年2月1日に日本初の路面電車として開通し、大正3年3月31日と同年8月25日に延長部分が開通して中書島に達した。
一方の稲荷線は明治38年8月4日に開通したが、両線とも大正7年7月1日に京都市が買収し、大正12年6月26日から狭軌から広軌に変更して運転した。この路線は由緒ある路線だけに専用軌道区間や酒蔵の並ぶ風格のある街並みを走っていて人気があった。

中書島駅(京阪電車)

-

「中書島」
伏見城時代、脇坂中務小輔安治の邸宅があったと伝えられている。脇坂氏の官職名「中務」が中国風には「中書」と呼ばれていたので、その名から島名がつけられた。伏見廃城後は、芦萩が生い茂る島となっていたが、元禄時代、時の伏見奉行であった建部匠頭政宇が再開発して伏見の繁栄をもたらした。昭和初年にこの島の周囲をめぐる濠川の半分を埋め立てて住宅地として利用された。戦後「今富橋」から南部分が全面的に埋め立てられて島としての景観は失われた。虚子の句に「花人の落ち合う駅や中書島」と詠まれ、京阪本線と京阪宇治線の分岐点でもある。

長野宿(伊賀街道)

津と伊賀上野を結ぶ藤堂藩の官道であった伊賀街道の中間の宿場で、藩士や旅人で賑わった。近くには戦国時代まで長野城があった。
長野峠の傍らには氷田があり藩に氷を納めていた。

-

-

-

-

津駅から長野まで路線バスで約50分かかるが意外と退屈しない。近鉄の津新町駅前から乗れば近道だが特急は止まらない。

伊賀街道

伊勢国と伊賀国にまたがる伊賀街道は、津から橡(とち)ノ木峠とも呼ばれた長野峠を越えて上野に至る全長約12里の街道で、伊勢・伊賀二国の大名藤堂高虎の移封後、津(本城)と上野(支城)をむすぶ最も重要な官道として整備された街道である。

-

この道は上野経由で伊勢に向かう参宮客だけでなく、津方面から水産物や塩が、伊賀方面から種油や綿などが運ばれた伊賀・伊勢両国の経済・生活の大動脈としての役割も担っていた。

-

ふれあいの像

この像は、人と人とのつながりの原点である母と子を主題として、その愛情に満ちた語らいの情景を彫刻として表現したものです。
ほのぼのとしたふたりの姿に、親から子、子から孫へと、文化や伝統などが受け継がれていく様子と、未来への明るい希望を象徴して”ふれあいの像”と名付けられました。

-

-

部田の常夜灯

津偕楽園公園

-

江戸時代この常夜灯は、もともと塔世橋の南詰めにあり「部田の常夜灯」と呼ばれ親しまれたが後に四天王寺の藥師堂前に移され、その後、偕楽園公園内に移され現在に至っている。
元治元年(1864)刊行の「五十世作楽」に描かれた絵には、津の城下町の北の入口にあたる門のそばに、この常夜灯が描かれています。

-

石柵で囲まれた中、石垣の上に春日型の常夜灯が建っていて、高さ3.5メートル、竿には「奉献」「天保元年庚申十二月建」と刻まれています。
石でできた常夜灯にしては細工が細かく、狐格子や笠屋根の裏には垂木模様があり、中台と台座の正面・側面それぞれ異なった姿の龍が力強く浮彫にされています。また、台座や基壇の石も大きく立派なものです。基壇の側面には茶屋町中、西浦中、など地域の願主や世話人の名前が刻まれています。
常夜灯を作った石工については「洞津、池宮信之 謹鑿之」と刻まれています。三重県内の常夜灯は、おかげ参りを機会に建てられたものが多いですが、この常夜灯も天保元年のおかげ参りの年に建てられたもので、旅人の安全と町内の安泰を祈るものでした。

D51型499号

明治5年9月12日、日本で初めて鉄道が開通し、蒸気機関車が走りました。大正8年には国産の電気機関車が生まれ、昭和7年にディーゼル機関車が生まれました。

D51型499号
この機関車は昭和16年2月1日に兵庫県で誕生し、三重県内の関西線、紀勢線、参宮線を32年以上走り続け、昭和48年9月17日、役目を終えました。

-

その間に走った距離は205万キロ(地球51周)にもなりました。多くの人々に親しまれた機関車は昭和48年10月9日に津偕楽公園に運ばれました。

-

-

上野英三郎博士とハチ公

上野英三郎は明治四年現三重県津市元町(伊勢国一志郡本村甲一〇九番屋敷)に生まれた農学博士です。
明治から大正期に日本農業の基盤となる水田の耕地整理を指導し大学はもとより全国各地で数多くの技術者を育成した農業土木分野の先駆け者でした。

-

東京帝国大学で教鞭をとった博士は54歳の若さで亡くなりました。博士の飼い犬「ハチ(秋田犬)」との生活は1年5ヶ月と短い間でしたが、人としての愛を注ぐ事により動物との紲「絆」が生まれました。
その後、ハチが渋谷駅前で帰らぬ主人を待つ姿が新聞で紹介され多くの人々に感動を与え「忠犬ハチ公」として広く世間に知られ映画化及び書籍にもなりました。

-

ああ忠犬ハチ公よ

春まだ遠い 北国の
生まれて間もない 大館は
吹雪が舞っている 汽車の旅
知らない街は 東京の
優しい家族に 育てられ
何時しか駅まで 通いみち
ああ忠犬ハチ公よ

狭山池のさくら

15日、狭山池のさくらが咲いていると聞いたので行ってみた。殆どの桜は蕾もかたいが数本が咲いていた。

-

-

-

平成の狭山池改修工事の際、北の堤の両側に桜の古木で毎年トンネルができていたが全て切り倒され若木が植えられた。花が咲けば多くの人で賑わぐが、もう少し幹が太くなり枝が伸びると桜木の下で弁当を食べるのも良いと思っている。
先日、紀伊半島の熊野地方で桜の新種が103年ぶりに発見されたと報道があった。「熊野ざくら」と名付けられた。見てみたいとは思うが何処が新種なのかわからないのだろうな。

土井聱牙

土井聱牙(1817〜1880)は津藩の漢学者で、この詩は彼が40歳の時「書生に示す」という題で作ったものである。

-

この詩は七言絶句であることから、七字づつに区切って次のように読む。
1 大読書の人は即ち聖賢  2 後天唯是失天を補う  3 晨昏 汝の雙瞳子を責め  4 注ぎて青燈に向い万巻を穿つ

1 たくさんの書物を読んだ人が即ち聖人 賢人なのである  2 なぜならば、読書という後天的努力により先天的素質を補うからである  3 だから朝夕(晨昏) あなたの二つの眼を十分に活用し  4 精神を集中して燈火に向い、たくさんな書物を読破しなさい






西鉄門虎口(津城)

西鉄門虎口

西の丸から本丸に至る入口で、土橋と桝形を組み合わせた虎口であった。桝形は外門の西黒門、内門の西鉄門からなり、西黒門の脇には二重の伊賀櫓を巡らせた厳重な構造であった。
土橋は両側に土塀を掛けた特異なもので、外側に桜門を設けることで、二重の桝形を構成していた。

-

-

 )楷檗
石垣が切れたところには埋門と呼ばれる門があった。周囲には丑寅三重櫓はじめ5つの櫓があって、多門櫓と呼ばれる渡り廊下のようなものでつながれていた。

◆\召隆檗
現在は日本庭園になっているが、昔は番所や倉庫があった。南西には玉櫓と外郭から入ると鍵の手に曲がった所に二階の櫓門があった。本丸との境には西の鉄門があり、土橋でつながっていた。

 東の丸
現在は商工会議所や公園になっているが、かつては小さなお宮さんがあったと言われている。

ぁ‘睨
本丸、西の丸、東の丸を取り囲んでいたが順次埋め立てられて現在は本丸と西の丸の周りに残っているのみである。

ァ‘鵑隆
内堀と外堀に囲まれたところで重臣の屋敷や藩政の中心機関があった。また周囲には12の小さな櫓が築かれ、北(京口御門)・西(伊賀口御門)・南(中島口御門)に門が設けられていた。
文政3年(1820)には、藩校有造館が置かれた。

Αヽ伊
城の内と外を区切る堀で、岩田川から水を取り入れていたため潮の干満で水面が上下した。

入徳門

文政三年(1820)、第十代藩主藤堂高兌は藩士やその子弟を教育するための藩校として有造館を創設した。
その中心である講堂の門がこの門である。入徳門の名前は、「大学は諸学徳に入る門なり」という言葉からきているといわれ、徳に入る門として作法は厳格であった。

-

明治四年、有造館は廃校となったが、その後に創設された小学校第一校、師範学校、津中学校、三重女学校兼付属幼稚園、入徳幼稚園の正門として使われた。
昭和20年の戦災時には奇跡的に類焼は免れた。戦後は当地にあった県立図書館の正門となるも、昭和42年の同館移築により、この門のみ残された。この間、入徳門は何回も場所を移り、昭和46年現在地に建てられたが老朽化がはげしくなり、昭和61年より62年にかけて保存修理工事(解体復原)が実施された。

-

藤堂高虎

弘治二年(1556)、近江国犬上郡藤堂村(のち在土村、現滋賀県甲良町)に生まれ、15歳の時、浅井氏に仕え姉川合戦で初陣を飾って以来各地を転戦し、天正四年(1576)、21歳で長浜城主木下秀長(豊臣秀長)に300石で召し抱えられ天正13年には紀州粉川(和歌山県粉河町)で初めて一万石の大名となった。

-

その後、豊臣秀吉の下で伊予宇和島(愛媛県宇和島市)七万石となり、二度の朝鮮出兵にも参加した。秀吉の死後は徳川家康と親しくし、関ヶ原の戦いの時には家康に味方して勝利をおさめ、伊予今治(愛媛県今治市)二十万石の大名となった。

-

そして、慶長十三年(1608)、いまだ大きな勢力を誇る豊臣家を包囲する重要な地伊勢・伊賀に二十二万四千石で移され、大坂の役の後に加増され三十二万三千余石の大大名となった。
また、高虎は、築城の第一人者としても名高く自身の居城として築城した板島城(宇和島城)・今治城や津城・伊賀上野城の修築、城下町形成はもちろんのこと、幕府の命で修築を行った聚楽第・膳所城・伏見城・江戸城・篠山城・丹波亀山城・大坂城・二条城と数多く手がけている。
このように高虎の生涯は戦乱に明け暮れ、また各地を奔走し席の温まる暇も無いものであったが、武将らしさとともに領民への気配りや人の和を大切にした人物であったと伝えられている。

伊勢街道

伊勢街道は参宮街道とも、日永の追分(四日市)で東海道から分かれ、神戸、白子、上野、津、松坂、小俣、山田を通って伊勢神宮の内宮へ至る19里18町(約76辧砲粒稿擦任△襦

-

伊勢に向かう街道は、都が奈良にあった時代は宇陀−名張−青山峠−伊勢というルートが一般的であった。
しかし、都が京に移ってからは鈴鹿峠を通るルートが開かれ、これが東海道として発達した。これによって、京から伊勢のルートも鈴鹿峠を通ってから南下するのが主流となった。
中世から始まる庶民の伊勢信仰によって伊勢へ向かう人の数は増え、さらに江戸時代の街道の整備・発達や御蔭参りの流行によって一層賑わった。

津城跡

津城は、織田信長の弟信包によって築城された。信包は信長が伊勢へ勢力を伸ばしてきた時、長野氏の養子に入った。天正八年(1580)には五層の天守閣が完成し、当時柳山付近が中心であった津の町から町屋や寺院が移され城下町が作られた。その後、富田氏が城主となり、慶長五年(1600)関ヶ原の戦いのとき西軍の攻撃を受け、城・城下町とも戦火を受けた。

-

慶長十三年(1608)、藤堂高虎が伊予今治から移ってくると、城に大改修加え城下町を整備した。本丸を広げ、石垣を高くして北側の石垣に角櫓を築き、堀も整備したが、天守閣は再建されなかった。津城は典型的な平城で堀が「回」の字形に二重に巡っている輪郭式または井郭式といわれる形の城である。

-

-

城下町は、城を中心に北・西・南側に武家屋敷、東側に町屋が置かれた。町はずれを通っていた伊勢街道を城下に引き入れ、町の発展を図った。また、堀川を堀り、東側の守りとしたが、物資の運搬にも利用され商業の発展に役立てられた。さらに堀川の外側には寺院を配置し万一の場合に備えた。

東鉄門桝形(津城跡)

津城本丸の東側に位置する虎口で、外門の東黒門、内門の東鉄門からなる桝形であった。両門の間で通路は右に折れ、周囲には多門櫓を巡らせた厳重な構造であった。

-

-

東黒門は上部を透かしとした門扉をもつ高麗門であり、東鉄門は鉄板張りの門扉をもつ櫓門であった。それぞれの門内に番所を設けて通行人を監視していた。

西嶋八兵衛

藤堂高虎に重用された西嶋八兵衛は、干ばつに苦しむ地域に出向き優れた土木技術と努力によって、全国の町づくりに多大な貢献をしました。

-

「雲出井の開削」は、戸木の取水堰を作り分水して干ばつに悩む雲出本郷町・長常町・伊倉津町などの田を美田に改良しました。
又、讃岐高松などの灌漑用水事業にも貢献し、日本三大公園の栗林公園の整備は有名です。水の守護として、土木事業者、農業関係者、水商売の市民に崇めれてきました。

なつかしの映画ロケ地(一身田寺内町)

「江戸の朝霧」
監督     池田富保
出演     市川右太衛門・羅門光三郎・高山廣子
撮影場所  寺町通り・常盤橋・毛無川周辺

幼くして学才に秀でた麟太郎(後の勝海舟)を貧しくも誇り高く育てる吾子一筋な父性愛を描いた作品

-

-

-

太鼓門(専修寺)

この門は、最上階に直径1メートルほどの大太鼓が吊り下げられていて、専修寺に法要があるとき、この太鼓が打ち鳴らされて法要の進行役を務めます。

-

昔は、この太鼓で町の人々に時を知らしていました。その当時に使われた太鼓は今では皮が破れて使われていませんが、胴の中に享保14年(1728)に作ったとの墨書銘があります。

-

専修寺唐門

如来堂の正面に建つ門で、文化6年(1809)に木挽きが始まり、文政10年(1820年)に地築き、天保15年(1844)に棟上げをしている。
屋根は檜皮葺で、正面と背面の軒に大きな唐破風があることから唐門と呼ばれる。控柱4本が腰長押から下で、斜め外に踏み出した形になっているのは注目さ れる。

-

材料はすべて欅造りで、厳しく吟味された品位の高いものを入念に施工している。腰長押と飛貫との間、扉、その脇の小壁、欄間には勢いのある菊、ぼた んの透かし彫が彫られ、他の部分にも親子の獅子や力士の彫刻がされるなど、全体に華麗で複雑な構造をした門である。造営時に配られたと思われる木版刷りの 立面図が残っていて、それによると始めは檜皮葺と本瓦葺の2案が考えられていたらしい。

-

専修寺山門

御影堂の正面にあり、専修寺の総門にあたる。すぐ前には道をへだてて石畳が伸び、その途中にある石橋や釘貫門、左右にある玉保院、智慧光院、さらには古い町並みと一体になっている。
二階建てで、間口20メートル、奥行き9メートル、高さ15.5メートルの門である。正面の柱間は5間で、そのうち中の3間に扉を付けて入口とし、挿肘木(さしひじき)という肘木が斗(ます)にのらず直接柱に挿し込まれる形になっている。

-

-

全体の形式と組物の用い方は京都の東福寺山門(応永12年(1405)の建立・国宝)とよく似ており、裏側で三間分だけ屋根が張り出している点(裏向拝)は他に例をみない珍しい手法である。
瓦の刻銘その他の史料によると、元禄6年(1693)頃から取りかかり、宝永元年(1704)頃に完成したものと考えられる。
柱など部材の傷みや傾きが激しくなったため大規模な修理が行われた。

専修寺釘貫門

釘貫門とは、柱を立てて並べて横に貫を通しただけの簡単な門のことで、町の出入り口に設けた木戸のようなものを示すこともあります。

-

現在は、この山門前の釘貫門だけが残りますが、宝暦年間(1751〜1763)の木版絵図には、他に三ヶ所の矢来(釘貫門)が描かれています。
この釘貫門は、道路を挟んで同型同大の東西二棟からなり、石橋と釘貫門の対向する親柱には、高欄が設けられていた痕跡が残っています。双方を繋ぐ構造や開閉の装置を持つものではありませんが、専修寺では釘貫門と称されています。

-

-

釘貫門は、山内寺院と町屋を隔てる堀の北側に位置し、堀上に架けられた石橋と併せて聖俗の結界をなす装置となるもので、本来の形式を留める現存する貴重な例です。

-

この石橋は、山内寺院と町屋を隔てる堀の上に架かる橋です。堀上に円弧状の橋板11枚を並べた石造りの反り橋で、橋の南側の橋詰めでは、高麗は親柱から水路に沿って折れ曲がりますが、東側では一部部材を欠き、その一部は近年新材となっています。
製作時期は、『高田史料』第3巻(松山忍明編)の宝暦10年(1760)編に、「三月八日、山門前石橋成る、初渡式」との記述があることから、その建立時期が明確です。

一身田寺内町の町並み

「一身田」(いっしんでん)は珍しい地名ですが、その由来には諸説あり、奈良・平安時代の制度で、政治上功績のあった貴族に対して特別にその身一代に限って与えられた田からきたとも、律令制度の「三世一身の法」で与えられた田からきたとも伝えられています。

人々がこの一身田に集落を形成し出したのは寺内町が生まれる前のことであり、それを示す最古の資料として、一御田神社(いちみたじんじゃ)の棟札に嘉吉3年(1443)という記録が残されており、そのころは農村集落であったと考えられています。

-

-

一身田が大きく変わったのは、寛正5年(1464)、真宗高田派僧真慧が、東海北陸地方の布教活動の中心として、この地に無量寿院を建立してからで、この無量寿院が現在の専修寺の前身です。
その後、栃木県の高田にあった高田専修寺が戦火にみまわれて、僧真慧が一身田に移って来たことで、一身田が高田教団の中心となりました。

-

-

一身田寺内町がいつごろ成立したのかは明らかではありませんが、天正20年(1592)の一御田神社の棟札に「寺内」という呼び方がみられることから、その頃にはすでに寺内町が成立していたものと考えられます。

16世紀の中頃までは、一身田寺内町は現在の区域の半分足らずの大きさでしたが、万治元年(1658)に津藩の2代藩主である藤堂高次の四女いと姫が専修寺の門主に輿入れするにあたり、当時の専修寺の西側の土地を寄進したことによって、現在の寺内町の形となりました。

-

-

-

明治時代になり、宗教団体が境内と墓地以外の寺領を持ち統治することを禁じる法律が制定されたため、専修寺も多くの寺領を失いました。そして、明治7年(1874)には、赤門・黒門・桜門の三つの門が全て売りに出されるなど、寺内町も大きく変わっていきました。
しかし、今もなお、一身田寺内町では専修寺を始めとする多くの寺院や古い民家などのたたずまいが、往時の面影を残しています。
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ