知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

本居長世

本居長世は童謡という日本の文化財を人に先駆けて製作した先覚者である。大正9年秋、彼が野口雨情の作詞した「十五夜お月さん」に付けた曲は子供たちの間に親しかったわらべ歌の音階・旋律をもとにして作ったもので、それまでの文部省唱歌のみを歌っていた子供たちに本当の日本の子供の歌を教えた記念すべき作品であった。

-

本居は静岡県沼津の地を愛し、毎夏家族と共に滞在して町の人と親しみ、作曲にいそしんだが、ここに掲げる西条八十作詞の「残り花火」は当時の夏の沼津の浜の風景を写して遺憾なく、本居の作曲はまた夏の沼津を慕い、懐かしむ子供の心情を表現しおおせて完璧の出来である。  〈金田一春彦〉

勝田香月と『出船』

名曲「出船」の作詞者 勝田香月(本名穂策)は明治32年3月静岡県沼津市本町に生まれた。その後、幼い時に、現在の富士宮市大宮町に移った。
香月の稚号は、師事した詩人 生田春月の『月』と沼津の香貫山の『香』から名づけられたという。『出船』は香月満18歳の時、石川啄木を慕い北国に憧れ、北海道から秋田へ廻り大館から十和田湖行く途中の大滝温泉で作られた。『出船』に描かれている哀愁は、港で日頃から出船を見てきたものでなければとらえられないものを感じさせる。香月は粉雪が舞う小樽港と秋田県能代港での見聞をヒントにしたと言うか、幼少時の沼津で見た出船の残像が底にあったのであろう。

-

大正11年に出した第3詩集「心のほころび」の巻頭に掲げられ、同年懇意だった作曲家の杉山長谷夫が曲をつけ、声楽家藤原義江がレコードに吹き込み大ヒットした。当時の世相を反映した物悲しい曲想が大衆の心を捉え全国に流れた。これにより香月の作詞家としての評価は高まり、以後多くの歌曲を作詞している。

下津港

JR紀勢本線 下津駅

-

-

下津港
紀伊国屋文左衛門出港の港

-

-

当時江戸では毎年鍛冶屋の神様を祝う「ふいご祭り」があり、この祭りでは、鍛冶屋の屋根からミカンをばら撒いて地域の人に振舞う風習があったが、紀州から船が来ない事でミカンの価格は高騰していた。
紀州では安く、江戸では高い。これに目をつけたのが文左衛門は早速文左衛門は玉津島明神の神官で舅の高松河内から大金を借りてミカンを買い集め、家に残ったぼろい大船を直し、荒くれの船乗り達を説得し命懸けで嵐の太平洋に船出した。大波を越え、風雨に耐えて何度も死ぬ思いをしながら、文左衛門はついに江戸へたどり着く事が出来て大金を得たという伝説がある。

-

沼津御用邸(東附属邸庭園)

東附属邸は明治36年に皇孫殿下(昭和天皇)の御学問所として、赤坂離宮の東宮大夫官舎を移築して造られました。夏期には隣地の学習院遊泳場とともに、ご利用の機会も多かったようです。

-

-

-

-

-

-

新たに設けられた茶室、
『駿河待庵』

-

-

-

-

沼津御用邸(西附属邸)

沼津御用邸は、明治期から昭和中期まで利用されていた御用邸。1893年7月、大正天皇(当時は皇太子)の静養のため、静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)の島郷御料林内に造営された。1969年に廃止され、現在は沼津御用邸記念公園となっている。

西附属邸は明治38年昭和天皇の御用邸として設けられ大正11年現在の形となりました。

-

-

-

明治時代の歴史的建造物は貴重な木造平屋建の和風建築です。

-

-

家具備品も保存されており、和室の畳に絨毯を敷く和洋折衷方式がとられています。

-

-

-

-

-

1945年、沼津大空襲で本邸を焼失し、1969年12月に廃止されて沼津市へ移管される。そして翌年1970年7月、残された東附属邸と西附属邸を中心として周囲の緑地と共に、沼津市が沼津御用邸記念公園として開設した。

ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)
モクセイ科の落葉高木で葉はて托葉のない単葉で、長い葉柄があり対生する。緑色、楕円形、、長さ3〜7僂如⇔¬未砲漏貎Г量咾生える。
花は4月下旬から5月中旬に純白で円錐状の集散花序を小枝の先につける。果実は核果で熟すと黒くなる。
別名については、昔、上野に大きな木があったが名前が判らないので「ナンジャモンジャ」と呼んだことに由来すると伝えられる。

-

日本の渚百選

牛臥山が「ひよっこりひょうたん島」そっくりに見えます。

-

牛臥山

-

日本の渚百選
牛臥・島郷・志下海岸
平成8年7月「海の記念日」制定にちなみ、全国から応募された渚の中から優秀な百箇所が選ばれたものです。

沼津垣

沼津垣は昔から沼津周辺で浜の潮風を防ぐために用いられてきた垣根で、景観的にも実用的にも優れたものです。
旧沼津御用邸でも多く用いられたことから一般的に知られるようになりました。

-

沼津垣

-

材料は箱根竹と呼ばれる細い篠竹を十数本ずつ束ねて網代編みにしています。この束を「手」といい、どの束にも別の二つの束を超えて編んでいるため、この編み方を「二手越し」と呼ばれています。

ルノワール彫刻

「勝利のヴィーナス」と「洗濯する女」は、フランス印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワール(1841〜1919)の晩年の作品です。
ルノワールは、主に人物画や風景画を描いており、「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」や「舟遊びの人々の昼食」など多くの作品を手掛けています。晩年は彫刻作品を手掛けるようになり、豊満な女性の姿などを題材に約15点の作品を制作したと言われています。

「勝利のヴィーナス」
制作年   1914年
鋳造年   1990年
材質及び形状 ブロンズ製 H180僉L110僉W58

この作品はルノワールが手掛けた彫刻の中で最大級の作品であり、ルノワールが描いた油彩画「パリスの審判」という作品の中の中央に立つヴィーナスを題材にとったものと言われています。
最も美しい女神に与えられた黄金のりんごを片手に持っている姿が特徴的です。

-

「洗濯する女」
制作年   1917年
鋳造年   1989年
材質及び形状 ブロンズ製 H125僉L75僉W135

ルノワールが描いた人物画には働く女性の姿を描いたものが多数あり、この作品は、晩年彫刻に取り組み始めたルノワールがこれらの働く女性の姿の中から「洗濯する女」を題材として制作したものと言われています。

-

下高野街道と中高野街道

かつて高野山へ参詣する人々は高野街道を往来しました。高野街道には四つの経路があり、下高野・中高野・西高野の三つが大阪狭山市内を通ります。

「中高野街道」
中高野街道は、平野大念仏寺付近から南下し、東野廃寺・狭山神社のある大阪狭山市東部を通ったのち、西高野・東高野と合流して一本の高野街道となり高野山へ至ります。
大阪市平野区で狭山道、大阪狭山市で平野道とも呼ばれるこの道沿いには、古代から寺社・遺跡、中世・近世からの念佛宗寺院が点在しています。

下地図「現在地」付近

-

南海高野線「大阪狭山市駅前」

-

中高野街道は右に折れ南海高野線を渡り直進します。

-

下高野街道と中高野街道の合流点
   「右が中高野街道、左が下高野街道」

-

「下高野街道」
下高野街道は四天王寺から狭山池北堤付近に至り、報恩寺付近で中高野街道と合流します。南北朝期には、半田城・池尻城・野田城・大饗城などの城郭が道沿いに築かれました。

-

-

-

産業まつり

例年の「産業まつり」は、市立体育館運動場で行われていたが今年は狭山池公園北堤と北駐車場に変わった。
〈狭山池北堤〉

-

-

-

青いパトロールバイクに乗せて貰う子供達、自衛隊や警察も大サービス

-

野菜売り場は行列ができ、大根・白菜・キャベツなどを求めていた。

-

例年、11月になると狭山池の水が抜かれる。(写真は2014年11月)

-

日の出紡績のレンガ塀

御坊で最初の近代的工場は、大正2年に操業を始めた日の出紡織で、御坊の産業革命の先駆けとなりました。すでに、明治の終り頃日高製材所・日高電灯会社の創立をみていたが、大正時代には日高紡績・日の出紡織松原工場・日高川水力電気株式会社等が設立操業された。御坊の産業革命の中心は、紡績と製材業で、日高川河口に集まった三紡績工場の従業員は大正末には2000人を越したと言われています。

-


日の出紡織は大川英太郎(渋沢栄一の甥)、当時大阪紡績取締役)が関西の有力者とともに和歌山県日高郡(現・御坊市)に設立した会社です。
日高は紡績に適した温度湿度に恵まれ、木材運搬にも利用される日高川があり、交通の便も良い場所でした。大川はこれらの好条件に加え、東京や大阪の紡績工場に出稼ぎに行く女性が多いことから工場設置が労使双方の役に立つであろうこと、そして「素朴勤勉な気風が頼もしい」ことなどをあげて、日高を「全ての点において申し分ない」紡績工場地であると表現しています。
渋沢栄一は当初「日高紡績」と仮定されていた社名を、将来の事業拡張などを考慮して改名するよう大川に進言、その結果「日出紡織」の社名で創業することとなりました。1941年、日出紡織は和歌山紡織、出雲製織、錦華紡績との四社合併で大和紡績となり、本拠地を大阪に移しました。

被弾跡

この煉瓦塀は、太平洋戦争末期の昭和20年7月24日に米軍による空襲により被弾した跡である。当時、和歌山県御坊市のこの地には裁判所が建っており、爆弾はその前の消防井戸を直撃したと記載されており、御坊市内に現存している数少ない戦災跡地である。

-

茶免の地蔵堂跡

この場所は薗字茶免という地域(和歌山県御坊寺内町内)で、下川が旧御坊村と薗浦との境界付近を流れ、「茶免」と呼ばれるようになったのは、昔、米があまりとれず租税が免除され茶を作っていたからとか、御茶好きの庄屋が役人と茶を飲みながら話をつけた結果、免税になったなどの説がある。

-


かつて、この場所にはイチョウの大木とともに「茶免の地蔵堂」がありましたが、平成24年の下川河川改修事業に伴い周囲にあった浄瑠璃の名手豊竹君太夫(紀国太夫)の碑や水害の碑などとともに百メートル南に移転した。

日高別院のイチョウ

文禄4年、浅野家重臣佐竹伊賀守の尽力によって薗村と島村の荒れ地四町四方を得て堂宇を建立したのが始まり、文政8年(1825)に建立された本堂を中心に書院・庫裏・鐘楼・鼓楼・門が立ち並び、真宗寺院としては紀南最大の規模を持つ。

-

日高別院の境内にあるイチョウの木は、幹廻りが約4.6メートル、樹高約十八メートルの巨樹で、文禄4年(1595)、薗坊舎をこの地に移したときに植えられたものと伝えられており樹齢400年以上と考えられ和歌山県指定文化財である。

-

御坊寺内町中町

中町の町並み(和歌山県御坊市)

-

-

-

-

-

御坊寺内町

和歌山県御坊市の寺内町は、本願寺日高別院を中心に形成された町のことで、江戸時代に商業が発展し、大変賑わいのある地域であったと伝えられています。現在は江戸時代から明治、大正、昭和へと時代の移り変わりが色濃く残る町並みが残されています。

-

-

-

日高別院

-

-

紀州鉄道(御坊寺内町)

JR御坊駅(和歌山県御坊市)

-

紀州鉄道
JR御坊駅と市街地を結ぶ御坊臨港鉄道(後の紀州鉄道)が開業したのは昭和6年でした。このあたりは廻船業が盛んであったことから輸送・流通の重要性から鉄道に対して熱い期待と希望をいただいていたことが伺えます。
当時は美浜町の煙樹が浜まで線路を延長し、観光地として開発する構想が立ちましたが夢に終わり、現在は営業距離2.7キロの西日本一短い鉄道「紀州鉄道」だ。

-

学門駅
御坊駅に着いたのが正午過ぎ、次の電車が1時間待ちなので学門駅まで歩くことにした。

-

東町の町並み

-

-

西御坊駅

-

菅公御歌

      − 桜花 主をわすれぬ ものならば
                吹きこむ風に ことづてはせよ −   菅原道真


『桜の花よ、主人を忘れないでいるならば、太宰府にいる私のほうに吹いてくる東の風に伝言をしておくれ』

-

-

      − 海ならず たたへる水の 底までも
                   清き心は 月ぞ照らさむ −    菅原道真

『海よりもさらに深く清水を湛えた水の底までも清く、澄みきっている私の心底を、ただ月だけが照らしてくれるだろう』

-

菅公頌徳詩

菅公頌徳詩(かんこうしょうとくし)

『 冤罪左遷されて一身を虔(つつし)み詩を詠じ学を研きて天真を養う
                 誠忠滅せず志を埋むと雖ども遺徳長えに伝う文教の神 』

-

菅原道真
長岡天満宮周辺は、もともと菅原道真の所領でした。道真は当時、在原業平らと共に、この地でしばしば詩歌管弦を楽しんだと伝えられていまず。
菅原道真は、幼くして学問に優れ、その聡明さと政治的手腕から宇多天皇の信任を受けます。以後も政府の要職を歴任し、宇多天皇が法皇となったのち醍醐天皇のときに右大臣にまで登りつめました。しかし、時の権力者・藤原氏は道真の出世を快く思っていませんでした。

昌泰4年(901)、左大臣の藤原時平は、醍醐天皇に「道真が娘を斉世親王に嫁がせ、醍醐天皇を失脚させようとしている」と虚偽の報告をします。宇多法皇の政治的影響力を疎ましく感じていた醍醐天皇は、この讒言を聞き入れ、道真に九州・太宰府への左遷を命じました。

                    −東風吹かば匂いおこせよ梅の花
                                  主なしとて春な忘れそ−

八条ヶ池

長岡天満宮の東側に南北に細長くのびるこの池は、江戸時代に当地一帯を領した八条宮智仁親王が、寛永15年(1638)に境内の東側に池を開き、翌年境内周囲に堀を掘ったと云われています。

-

-

池のほぼ中央にのびる中堤には、きりしまつつじが参道の両側に植わっています。
きりしまつつじは、「霧島ツツジ」の意で、九州南部にある霧島山にちなんで名付けられたものです。当地のきりしまつつじは野生に近い品種で、大きく株別れしており、高さ2.5〜3メートルあります。

-

-

-

神足(西国街道)

江戸時代の神足村
神足村は西国街道沿いに位置し、寛永10(1633)年〜慶安2(1649)年まで、後の高槻藩主永井直清の領地となり、直清転封後は幕府の蔵入地、女院料など京都代官支配地や寺社領が入り組む、「相給」の村となりました。「相給」とは、幕府が1 つの村を複数の領主に知行させることをいい、京都近郊の村々では天皇や女院の御料、公家や寺社などの領地が少しずつ複数の村にわたって設定されたため、この「相給」の村が一般的でした。

-

-

-

-

『旧石田家住宅主屋』 国登録有形文化財
この住宅は、店舗と住まいを兼ねた町屋で、規模が大きく江戸時代末期の町屋建築の基準となり、西国街道に面して建つ切妻造で、三面に庇を廻しています。
表構えに格子と出格子を並べ、大屋根下の白壁に二箇所の虫籠窓を開いています。玄関を入ると、通り庭が奥に続き、煙出しや六寸角の大黒柱、繊細な細工を施した座敷などが残っています。
神足村の旧家岡本家一族の商家で、江戸時代には「紙屋」の屋号で和紙などを商っていたようです。

s-CIMG0053

-

ガラシャおもかげの水(勝龍寺)

「ガラシャおもかげの水」

-

-

-

この水は、細川ガラシャ(玉)が、夫忠興と勝龍寺城で過ごした日々、水面にその姿を映し出したでろう歴史のロマンに因んで名付けたとある。 (地下水100%水道水)

-

-

勝龍寺城跡(供

東辺土塁と多門櫓
本丸の東辺に築かれた土塁上の平坦面で二列の石垣が見つかり、その幅4メートルの間に北東隅の建物(隅櫓)とつながった長屋風の建物(櫓)があったと考えられる。このような構造の建物は多門櫓と呼ばれ、中に弓矢や槍、鉄砲、火薬などの武器が収められ、城外の敵を攻撃できるようになっていた。
また、土塁の斜面にはテラス状の平坦面をつくり井戸を設けていた。

-

北門跡
本丸の北西隅から北の出入口が見つかっている。この出入口を囲む土塁は高さ2メートル以上の石垣があり、立派な門が建てられていた。城内に入るには、堀を渡って第一の門をくぐり四角い形の広場に出る。突き当たりを左に折れ、第二の門を通り、やっと城内に入れる。これは攻め入る敵を土塁上から攻撃し、簡単に城内に入れない構造になっていた。
この門から明智光秀が逃げ出したといわれる。

-

沼田丸への通路
西辺土塁の中央部で、土塁の頂上にある平坦部を深さ1.5メートル掘りくぼめ、土塁が南北に分断されていた。この土塁斜面を発掘調査したところ、斜面は階段状に掘られ、二箇所で段差が見つかり、多量に石が埋まっていた。このことから、土塁の斜面に石を使って階段を造り土塁の頂上まで登り、沼田丸へ渡ったものとみられる。

-

勝龍寺城土塁・空堀跡

-

-























永禄11年(1568)に、足利義昭を奉じて織田信長が入京すると、それに従った細川藤孝(のちの幽斎)は、暫くして勝龍寺城に入りました。
藤孝は元亀2年(1571)に、信長の許可を得て勝龍寺城の改修を行い、ここに現存する土塁と空堀は、城下町を囲うように設けられた外郭線の一部で其の時の改修に伴うものと考えられています。

-

-

天正8年(1580)に藤孝は丹後へ移封となり、翌9年には織田信長の近臣である矢部家定と猪子高就が勝龍寺城の城代となります。天正10年の山崎の合戦では、明智光秀の軍勢が陣取りますが、その後、廃城となりました。
記事検索
おきてがみ
blogramによるブログ分析
-
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ