知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2007年08月

秋の気配

3日ほど前から秋を感じた。
春夏秋冬どれも甲乙つけがたいが私は秋が好きだ。

秋・夏・春・冬の順だ。
秋の夜長という。

今も良い西風が部屋まで入ってくる。
昨夜は三日月だった。
今日は半月に近い月が南の空に浮かんでいる。

秋はベランダで何も考えなくても満足する。
つまり、秋にいるだけで満足するのである。

こんな刻は一人がなお良い。
男は黙って焼酎を飲んで煙草を吸うのである。

二月堂

日曜日に東大寺周辺と奈良公園を歩いてみた。
大仏殿には入っていないが二月堂あたりへ初めて行ってみた。
二月堂、三月堂、や正倉院辺りは、今の時期は訪問者は少ない。

二月堂には無料の休憩所がある。
あまりの暑さにゆっくりする気にはなれない。

わずかな時間だったが車に乗るとハンドルが熱くて握れない。
鹿も日陰でゆっくりと、


二月堂


琵琶湖疎水


琵琶湖疏水は明治に琵琶湖から京都に引かれた水路である。

土産物屋で「哲学の道に沿って流れる水は琵琶湖から来ているんですね」と聞くと首をひねった。

銀閣寺前から哲学の道をしばらく歩いてみた。
文化人がこよなく愛し瞑想にふけった散策路である、とのことだが夏は暑くて、秋か初冬が良いように思う。

哲学の道

盆踊り


盆踊り













子供の頃、父は江州音頭を取っていた。
私は音頭も取れなければ踊れない。

この地域、踊れる人は少ない。
音頭は生で取っているし、夜店もあるから人は集まっている。


照明を


ベランダに簀の子を置いてみた。
西日がまともに当たり暑いが人工芝などより熱を吸収する。

夜にお茶など飲めるように照明を考えよう。

ベランダ

大阪で800円!


椰子の実












15年前にフイリピン旅行中に、道路脇で売っていた椰子の実、
当時25円ぐらい、それが大阪に来ると800円で売っていた。

さほど美味しいものでなく、800円の価値はない。
マンゴやバナナのほうがはるかに旨い。

気温

埼玉県熊谷市で気温が40・9度を記録した。

日本最高気温の更新は1933年7月25日に山形市の40・8度以来の74年ぶりという。

世界最高は1921年にイラクのバスラで記録した58・8度で最低は1983年、南極大陸のボストーク基地で記録したマイナス89・2度らしい。

どちらも外には出られないのでは、

賞味期限偽装

2003年7月に北海道は札幌の奥座敷と云われる定山峡温泉で行われた会議に出席した。

その前に小樽運河を見学したが、この運河を残すために奮闘した人たちがいたことを後から知った。
この地で初めて蝦夷馬糞ウニを食べた。

帰りに空港で土産を探していて「白い恋人」を買った。
大阪に着くなり子供から北海道に行ってるなら「白い恋人」買ってきてと電話が入った。
初めて「白い恋人」が有名なのを知った。

この「白い恋人」を製造している石屋製菓から賞味期限偽装やアイスクリーム製品から大腸菌群が検出した。
非情に残念な気がする。
不二家や森永の件も醒めやらぬ刻に、

すべては責任者の意識で決まる。
消費者に対する責任は基よりそこで働く人々に対しても責任があることを忘れてはならない。

南十字星

オーストラリアのシドニーで南十字星を見た。

夕方から遊覧船で川下りをしながら食事をし、引き返すときに夕日が沈む美しさは他国での感情的なものもあるのだろうがこの世のものとは想えないほど見事であった。

日が暮れてからあれが南十字星だと通訳人が指さした。
間違いなく南十字星を見た。

北半球からは見ることができない。
なぜか、
もう二度と見ることは無いような気がする。

礼儀

子供達に将棋を教えている人がいる。
それもボランティアで、

礼儀を教えるという。
将棋を通じて基本的な人作りをしている。
参加者は多く、テレビの取材も済んだと聞いた。

3ヶ月ほど前までは簡単に勝てたが最近は簡単ではなくなってきた。
一つ失敗をすると負けてしまう。

勝たせてやろうなんて余裕はない。
よく一人でやっているのを見た。

ここしばらくは連勝している。
余裕で勝っているような顔をしているが負ければ威厳が無くなるような気がする。

「お願いします」「負けました」「ありがとうございました」
負けたのが解っても考えている、
「負けたときは男らしく負けましたと早く言え」

もう半年もしないうちに勝てなくなるような気がする。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ