知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2007年12月

ブリを

「おせち」は29日から作り始めて31日までかかっていたが、
近年は「おせち」は作らずに買っている。

あとは、愛媛から送られてくるブリをさばくのは毎年わたしの仕事となっている。
まず3枚にするのだが大きいのでなかなかうまくいかない。
骨に肉がついてもあら炊きにするからいいか。
次に問題なのは皮を取るのが大変、
包丁の角度が悪いのか、残る時がある。

あとは、さしみにしたり焼いたり、最近は「しゃぶしゃぶ」にして戴いている。

今年はパソコンの内部のほこりを取った。
メモリを増やして以来、開けたことがなかったが掃除をすればなんとなくすっきりした。

訪問してくださったみなさん よいお年を!

最後の懇親会

今年最後の懇親会がある。              

                                                          
1人は私に人の生き方を教えたひと。
1人は私にその具体的な方法を教えたひと。

それらを私流にして、がむしゃらに走った年月がある。
生き方に定年はない。

私と親しく接した人々は、私の宝であり財産である。

時には先生であり、そして友人でもある。
いわゆる、気のおけない連中である。

なるべく「めだたぬように」そして「はしゃがぬように」、
大切な事だけに的確な判断を示せる人であればよい。
私の好きな生き方である。

休暇

2007年度、今日が仕事納め。
とりあえず1月は15日まで休暇を取ってきた。

さて、どこに行くか。
明日からは荒れるようだ、内陸部は大丈夫だろう。

あまり車では出歩きたいとは思わない。
特に冬場には、

時間は十分ある。
ゆっくり考えて安全第一で行こう。

だめかと思っていたパソコンが調子よい。
パソコンは実に人に似ている。

明日は内部のほこりをとってやろう。
そして写真を整理しよう。

大人と子供の会話

大人と子供の会話



子供 「早く大人になりたいなぁ

大人 「どうして」

子供 「だって 宿題ないもん

大人 「大人になったら毎日たくさんの宿題があるよ」
    「たとえば、責任という宿題が」

子供 「・・・・・・・

東国原知事

宮崎県は東国原知事になってからマンゴーの売り上げが3割増えたという。
ホテルなどの宿泊施設も3割増えている。

12月初めに宮崎を旅行したとき、ホテルや土産物屋には知事の等身大の写真が出迎えてくれた。

謙虚な姿勢が人によい印象を与える。

26万人が県庁を訪れたというが、このアイデアは知事の発案だと聞いた。
異例の3ヶ月で実施した、職員の意識にも変化が現れているという。

県政にも新風を吹かせて貰いたい。



高千穂峡



高千穂峡

富山湾

富山湾で獲れるブリは、「越中ブリ」とも呼ばれ最高級ブリの代名詞となっている。その中でも特に氷見の寒ブリは有名だ。

多くは定置網によって獲られるが今年は例年の1/3の漁獲だそうだ。
10舛鯆兇┐襯屮蠅獲れるのだが、いったいどうしたことだろう。

地球環境が変わったのだろうか。
それとも回遊が遅れているのだろうか。

富山湾は最も深いところで1200丹幣紊發△襦
富山湾は蜃気楼でも有名だ。
おもに春から初夏にかけて暖かくて風の弱いよく晴れた日の午後に現れることが多く富山湾の春の風物詩として全国的によく知られている。

青色防犯パトロール

近年、子供に対する凶悪な犯罪が多発していることから何か社会に役立つことをと思いパトロールすることを思いついた。

役所には放送する文言を見て貰った。
警察にも相談に行った。

青色防犯パトロールをする場合には団体として申請する必要がある。
警察から「自主防犯パトロールを適正に行うことができる旨の証明」を受けた者については、自動車への青色回転灯の装備が認められることになる。
大阪では169の団体が活動している。

勿論幾つかの条件を満たさなければならない。
手続きはある程度煩雑ではあるが、仲間と共に行う活動で少しでも子供の被害が減れば幸いである。

社会のなかで何を!

錯綜する日本社会に於いて人生いかに価値的に生きるか、

置かれている立場で自身の「無力さ」を嘆くのではなく、必要なものを自分のものにする努力を惜しんでは大願は成就しない。

生涯学習を通じて自分は何ができるか、出来ることから進めればよい。
探求心がなくてはならないし、人の話は集中してよく聞く心がけが大切だ。

一人でできることは限られている、「和」を理解すれば出来ることは無限に広がる。
戦略は明確であっても戦術に誤りがあれば事を成さない。
優先順位も大事だが、物事は大局的に見なければならない。

人生は定年で終わりではない、70歳で終わりでもない。
生涯学習であり、個人は小さくても人の為に社会のために何をするかが大事である。

成したことの大小ではない、純真な気持ちが大切であり人をも動かすのだと理解すべきではないだろうか。

蟹葉

花芽を付けた蟹葉



蟹葉

今年の世相を現す漢字は、
「偽」と決まった。

そこで私の今年の漢字は、
「待」と決めた。
記事検索
おきてがみ
blogramによるブログ分析
-
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ