知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2009年11月

円通院石庭

円通院
円通院は伊達政宗公嫡孫、伊達光宗公の菩提寺とある。







円通院石庭

円通院石庭

立石寺

立石寺山門から五大堂へ、
立石寺

DSC_3862

DSC_3866

DSC_3868

DSC_3873

DSC_3871

DSC_3886

松尾芭蕉

DSC_3858
立石寺山門の手前で芭蕉に会った。
  閑さや岩にしみ入る蝉の声








DSC_3854

立石寺

山寺駅のホームに立つと立石寺の一部が見える。
よくもこんな所に建てられたものと感心する。立石寺


山寺駅
平日にもかかわらず結構な人が乗り降りする山寺駅

仙山線

立石寺に行くのに仙台駅のコインロッカーを利用しようとすると鍵がない。
松島海岸駅にはあったのに、

一人の男性が荷物を入れようとしていたので利用方法を聞いてみた。
カードがなくても現金で利用できることがわかった。

リュックからカメラを出すのに手間取っていると男性は待っていてくれた。
解りましたので、有り難う御座いましたと御礼を言った。

荷物を預け仙山線に乗ると満員の状態で二人掛けの椅子に二十歳代の青年が荷物を横に置き独り占めしている。
結局降りるまで独り占めが続いた。

人は様々である。

CIMG
この地方の電車は自動で扉が開かない。
乗るときは開を押すのである。







愛子駅からは殆ど乗客がいなくなる。
仙山線は単線だった。
仙山線

瑞巌寺五大堂

さすがに松島、何所へ行っても人・人・人、

五大堂

五大堂

松島湾遊覧

松島海岸駅
雄島から一旦松島海岸駅に戻りリュックをコインロッカーに預け遊覧船で湾を一周する。







松島湾

松島湾

松島湾


遊覧するなら昔の手漕ぎの舟がよいのだろう。
祭日ではあったが超満員だ。帰港しても凄い人が並んでいた。

雄島

雄島
日本三景の松島は最初に雄島を訪ねた、








 祭日でもあり観光客は次から次へと
雄島

仙台へ

飛行機から
快晴のなか70分の空の旅、窓の外は福島あたりか、









レトロなバス(ループル仙台)で仙台城跡へ、人気のバスとあって超満員
青葉山に築かれた62万石仙台藩伊達政宗の城跡

伊達政宗公


帰りも満員、新鮮な空気を吸いたい気分、
ついに着物を着た婦人が倒れた。旅行者は席を空け運転手が救急車を呼んだ。
暫くしたら婦人は気がつき「申し訳ない」と何度も謝っていた、気を失ったことも判らなかったようだ。

あおば通り
あおば通


歴史講座

民団の歴史講座に行ってきた。
「竹内街道 〜堺、海外文化、そして渡来人」

参加者は60人ぐらいか、
皆さん研究熱心だ。
若い子もいるが多くは熟年者だった。

竹内街道は昨年歩いている。
講師は古代史の学者、幾つかの大学教授を経ている。

歴史はおもしろい。
記事検索
おきてがみ
blogramによるブログ分析
-
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ