知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2010年07月

妙感寺庭園

具足山妙感寺という。

朝9時頃に着くように調整して行った。
門内に駐車させて戴き、撮影を終えて挨拶して帰ろうとするとお茶が入ったと、

庭園の由来などを聞き、話は子供の虐待に及んだ。
作庭者は判らないとしながらも、これらの石は岩倉山の巨石をふんだんに用い石と石が幾重にも重なり合う中に五月を配する庭園となっている。

庫裡からの鑑賞と渡り廊下からの眺めも配慮された庭園である。
水は山から引いている。

妙感寺庭園

妙感寺庭園

妙感寺庭園

所在地;滋賀県近江八幡市馬淵町492

静寂なる文学ゆかりの寺

 瑞泉寺
瑞泉寺



 死をいとひ 生をもをそれ
    人間のゆれ定まらぬ こころ知るのみ
                     吉野秀雄

SC_23

おくのほそ道

1689年3月27日、松尾芭蕉は「おくのほそ道」の旅に出た。

目的は歌枕の地となった名所探訪だったといわれ、57の句を残した。
江戸から大垣まで150日で600里(2400キロ)を歩いている。

   あやめ草
     足に結ん
       草鞋の緒

D


   松島や
    鶴に身をかれ
      ほととぎす

D

D


   閑かさや
    岩にしみ入る
        蝉の声

D

D

瑞泉寺庭園

紅葉ヶ谷を囲む三方の山が天然の垣根をなし、わずかに開けた西の空に富士山を仰ぐこの地を選び、錦屏山を背景として夢窓国師は庭園を作らせた。

瑞泉寺庭園

瑞泉寺庭園


岩盤を彫刻的手法によって庭園となした、「岩庭」とも呼ぶべきこの庭園は、書院庭園のさきがけをなすものであり、鎌倉に残る鎌倉時代唯一の庭園とある。

諭し叱る


DSC

又、親による虐待で幼い子供が死亡する事件が起きている。
大抵はしつけの為にやったという。

怒ると叱るは違う、
叱り方もある。

満足な食事も与えずに寒いベランダに放置するのは叱るとは言わない。
狭い箱のなかに入れ窒息死させるのを叱るとは言わない。
死亡するほどの暴力を働くのを叱るとは言わない。

幼い頃は悪いことをしても守ってくれるのが母親だ。
そして何が悪いのか諭し叱ってくれるのも母親だ。

子供は親の背中をみて育つとはよく言ったものだ。

熱中症だったか!

あし@の「あしあと」が開かない。

以前、冬に印字ができないことがあった。
ノートパソコンで暖房のきいた居間では印字するではないか。

これを思い出し冷房したらあし@の「あしあと」が開くようになった。
パソコンが熱中症にかかっていたのだ。

机とパソコンの間に隙間をつくってやった。

鎌倉 瑞泉寺

鎌倉公方の菩提寺として関東十刹に列せられた格式ある寺院、
山号の錦屏山は、寺を囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことから名付けられたといわれている。

 参道
瑞泉寺

 山門
瑞泉寺

 どこもく地蔵
瑞泉寺

寺堂守が苦しい生活から逃げだそうと思っていると地蔵が夢に現れて「どこも苦 どこも苦」と言ったので堂守を続けたと伝わっているという。

所在地;神奈川県鎌倉市二階堂710

芦ノ湖夕景

天気がよければ正面に富士山がみえるはずだが、
三島にむけて山を登ると霧が流れだした。

芦ノ湖

棚田と一千坊

【済州島】   【百済寺】
棚田(千枚田)と一千坊(坊跡)

 作者 趙允得(韓国 済州島出身)
信楽の「陶芸の森」に留学中の彼女が卒業作品として済州島の棚田風景をモチーフに制作したオブジェ
菩提樹の下に置かれている。

棚田と一千坊

釈迦山百済寺喜見院庭園

釈迦山百済寺;1400年の法灯
喜見院の庭園;天下遠望の名園

喜見院庭園

喜見院庭園

喜見院庭園
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ