知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2011年02月

観葉植物


f11
我が家の居間には観葉植物が竹炭と共に置いてある。
青い植物があるとなんとなく気分がよい。

全部、小鉢なのでもう少し大きい物が欲しいところだ。
私の部屋やベランダにも植物を置いていたが実のところ水や太陽など管理が大変なので今はない。

猫になった犬

火燵の中を覗いてみると、

CIMG2583


 雪   作詞・作曲不詳
2. 雪やこんこ 霰やこんこ。
  降つても降っても まだ降りやまぬ。
  犬は喜び 庭駈けまはり、
  猫は火燵で丸くなる。
 

おくのほそ道

 嶋々や 千々にくだきて 夏の海

松島

 松島や ああ松島や 松島や

松島

 松島や鶴に身をかれ ほととぎす [曾良]

松島

おくのほそ道

野ざらし紀行、鹿島詣、笈の小文、更科紀行、

1689年3月27日、芭蕉は曾良をともない深川の草庵をでた。
おくのほそ道への出発である。芭蕉46歳。

松尾芭蕉像


 「閑さや岩にしみ入る蝉の声」 立石寺

立石寺




確信犯

リーヤ
朝食用にと自家製の食パンを皿に置いていたら、リーヤが咥えて逃げた。
確信犯だ。

リーヤの主張を聞いてみると、
「そもそも、我々は長い世紀にわたって人間と共存してきた。傲慢で身勝手な人間は我々の仲間を虐待したり飼育放棄したり殺したりしてきたのである。

さすがに良心の呵責に耐えかねたのか[動物の愛護及び管理に関する法律]なるものを定めて犬権を認めるようになった。
その二条には、「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」と書いてある。

我が家においては、私の体重が5圓鬚舛腓辰箸任皹曚┐襪反事制限と称して減食したり、おやつは小出しするわ、育ち盛りの私には耐えられない。これも虐待と常々考えてきた。

それなのに、たかが食パン一枚でガタガタ言うな、何か犯罪者扱いしているが私は無実である。
それどころか、私がこの家に居ることで家族がどれだけ癒されているか考えたことがあるか!」

これがリーヤの主張であった。

金のなる木

我が家で初めて咲いた「金のなる木(花月)」

CIMG25761

地震予知

ニュージーランドは日本と似ていて地震が多い。
太平洋プレートとオーストラリアプレートがぶつかり合っている。

日本人の渡航者も多い、敏速な救出が望まれるが一つのビルが瓦礫の山になっている。
昨年起きた地震の余震とも言われいるが直下型地震は被害が大きい。

我が家の近くにも四国から紀伊半島に活断層が伸びている。
向こう30年間に地震が起きる確立は14%と報道があったばかりだ。

地震も台風も予知が大事だが、まだまだ地震はいきなりやって来る
耐震工事を早くすべきだが、先立つものが。

西南戦争

時は1873年10月28日、朝鮮外交をめぐって明治新政府と対立した西郷隆盛は参議の職を辞して鹿児島に帰郷した。
西郷を師と仰ぐ薩摩出身の軍人や官吏も官職を辞して帰郷した。

翌年、西郷は私学校を設立すると「西郷の私兵の育成」であるとした政府は、挑発行為とともに西郷の暗殺を企てた。
怒った生徒達は政府の火薬庫を襲い暴徒化した。西郷は「政府に尋問の筋これあり」という名分を掲げて挙兵した。

こうして西南戦争は勃発した。
鹿児島城の一部にある城山(108叩砲埋討發辰浸Х海錬械沓果勝△海譴鬘桔の政府軍が包囲した。

城山から桜島を望む

 城山より桜島を望む(2007年12月撮影)

駅とは、停車場 停留所 停留場 
列車への乗降、貨物の積卸に使用する場所。

NEC_0044

駅は人間模様の溜まり場、人生の始発駅・終着駅は我が家、
遅延・運休・乗り遅れ・事故など、だから人は頑張り努力する。
人生はとても面白い。 

オーストラリア旅行

オーストラリア旅行も日中が逆転した。
消費金額も日本人の2倍となっている。

aa01

 案内板も中国語が多く設置され、中国語を学ぶオーストラリア人が増えている
 という。
aa18

 写真は1994年1月撮影
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ