知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2011年03月

ハクモクレン

白木蓮開花まじか、春を告げる。
雨に濡れて少し寒そう。

CIMG2619

日当たりのよいところでは開花している。

わさびの葉

今年もでてきた山葵の葉

わさびの葉


ある沢にまるで白いジュータンのようにわさびの花が咲いていた。
毎年のようにわさび漬けをこしらえて酒の友となった。お茶漬けにもよい。
何時だったか、大水がでてすべて流された。
今はほとんど無いと聞いた。

その1株がこの山葵だ。

原子力発電所

原子力発電所に関する講演会があったので受講した。
初歩的な発電所のしくみから福島発電所の現状、

放射線で被爆したら人体はどうなるのか。
発電所を建設するにはどのような手続きになっているのか。

安全基準はどのようなものか。
スライドを使って理解しやすい講演だった。


受講後、多くの質問があった。
国民は電力による恩恵は受けているが原子力発電所については無知なことが多い。

地震大国日本では稼働している原子炉は54炉とのこと、
安心安全な原子力発電であったほしい。

損害賠償請求放棄

ビジネスホテルチェーン東横インが東日本大地震の直後から岩手、宮城、福島、茨城のホテルで宿泊客に、天災時の損害賠償請求を放棄することを求めた誓約書へのサインを義務づけているようだ。

消費者庁は「ホテルの都合で宿泊者に一方的な不利益になる条項は問題」としている。

誓約書は「天災による宿泊時の被害、損害等の自己責任について」と題し、「天災により被害、損害を被っても、自己責任であり、貴ホテルに対して損害賠償請求を行うことは一切ありません」と記され、署名しないと宿泊を断れるという。

東横インは「エレベーター停止や断水を想定した誓約書で、建物倒壊や備品落下によるけがなどへの賠償を免れる意味ではないとし丁寧な説明をするよう徹底する」としているようだ。

私は「Toyoko Inn Club」の会員であり撮影旅行の際によく利用している。
暫くの間は様子をみることとした。

ムバラク政権崩壊後

エジプトのムバラク政権崩壊後、本年2月カイロで1000人余りの警察官が待遇改善を要求して内務省へデモを行った。

そこへ、軍が空砲を発射して威嚇した。
後に、軍は謝罪した。

国立銀行の労働者2000人が本社前集会を開いて賃金体系の明朗化等を要求した。
役員会が縁故採用した新入行員が長年勤続している中堅管理職よりはるかに高い賃金を受け取っている。

経営顧問(政権関係者の身内)が法外な報酬を受け取っている。
他でも集会が開かれ、銀行側は業務を停止した。

震災は天罰

「震災への日本国民の対応をどう評価するか」という質問に対して、都知事が答えた。

「アメリカのアイデンティティーは自由、フランスは自由と博愛と平等、日本はそんなものはない、我欲だよ。物欲、金銭欲。.....我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを一気に押し流す津波をうまく利用して我欲を洗い落とす必要があるね。積年たまった心の垢をね、これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々かわいそうですよ。」

公人としての発言とは思えない不適切な発言だ。

都庁に抗議と発言の撤回を求める電話やメールなどが殺到し大混乱となったようだ。
発言を撤回して謝罪した。

言わんとすることは判らないでもないが軽い知事だと思うのは私だけだろうか。

撮影小旅行延期

被災地の病院ではガソリンや酸素また医療品等が不足しているという。
消防車や救急車のガソリンも不足、

このような時期に趣味で小浜に行くことはできない。
延期してリーヤを散歩に連れていった。

CIMG2597


 前から来た人に驚いて走り出し、来た道を帰っていった。
 道路は危ない、途中で捕まえて抱いて帰った。

CIMG2610

牡蠣

愛媛から贈られてきた牡蠣

G12

レシピを付けて贈ってくれた。

被害日本巨大地震

特別夕刊が届いた。
「数万人安否確認できず」と、

テレビは生々しい地震関連ニュースが流されている。
各国からも救援支援団が次々と被災地に入っている。
有り難いことだ。

まだまだ孤立している地域や人々がいる。
被害の実態が明らかになってきている。

電子レンジ

電子レンジが古くなったので買い換えた。
家電は日進月歩だ。

良くなって価格が安くなる。

G22
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ