知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2011年08月

HIGASHIYAMA SKY TOWER

名古屋市制施行100周年を記念して開館、高さは標高214辰巴羆アルプス、御嶽山、伊吹山などが展望できるとあるが天気しだい。

HI_893

5階が展望室、7階がレストラン

HI_901

HI_907

レストランに行ったが満員、15分待ちが待てなかった。

HI_909

七里の渡し跡

七里の渡しは東海道宮宿(名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海上の渡しで、東海道における唯一の海上路で、1601年の東海道制定の際に定められた。

R_690
七里の渡しの名称は、移動距離が7里であったことに由来し、所要時間は約4時間であった。「桑名の渡し」「熱田の渡し」「宮の渡し」「間遠の渡し」などとも言った。

この道路は旧東海道

六華苑 庭園

池泉回遊式庭園

YZ_032

YZ_030

YZ_094

YZ_016

YZ_023

六華苑

諸戸清六は山林王と呼ばれた桑名の実業家、大正2年に竣工した。

Y_1

18000嵳召蠅旅大な敷地に洋館と和館を併設し他の建造物と「池泉回遊式」庭園の邸宅は創建時のほぼとどめている貴重な遺構とある。

Y_2


2階洋館から和館の2階へ階段で通じているが立ち入り禁止となっている。

Y_3


洋館は、鹿鳴館などを設計して「日本近代建築の父」と呼ばれたジョサイア・コンドルが手がけ地方に唯一残る作品だそうだ。

Y_4


桑名市は土地を取得し建物は諸戸家から寄贈を受け平成5年から一般公開している。洋館和館は平成9年に国の重要文化財の指定を受けている。


所在地: 三重県桑名市大字桑名字鷹場663番の5
      無料駐車場

右側車線が直進

名古屋市内、片道4車線の信号待ち、
左の車線は左折れ専用レーン、左から2番目は直進レーン。

3番目が右折れ専用レーン、この3つのレーンは黒色のアスファルト。
問題は4番目のレーン、中央分離帯側のレーンだ、道路の色が茶色になっている。

信号が青になると一斉に動き出した。停まっているのは3番レーンの右折れ車だけ。
なんと、4番レーンは直進レーンだ。バス専用レーンに思われるが普通車が走っている。

私は右折れで3番レーンで待っていた。
正解だった。
このようなレーンは初めて経験した。

体重

何歳位のときだっただろうか。
長年、体重は66舛続いた。

70舛砲覆蠅燭て、食べまくった頃があった。
それでも増えなかった。

今頃、70舛鯆兇┐討い襦
医者から、ダイエットせよ。野菜を食べよ。 運動をせよと。

体重は増やすのも難しければ減らすのも難しい。

名古屋へ

M_078
今週末は桑名から名古屋へ行こうと予定している。
面白い処がありそうだ。

戦術

小魚が集団で行動するのは大きくみせるための知恵である。

何かの本で読んだことがあるが、昔の合戦で日が暮れて食事の準備をする際に、必要以上に竈を作って火を燃やし兵隊が沢山いるぞと見せかけたという。

将棋の大山名人はタイトル戦前に、両対局者が立会人を交えて会食した際に料理を一人前食べたあとステーキを追加注文して「明日の朝は鰻がいいね」と言ったという。

後に明かしたところでは、会食にはわざと腹をすかせて臨んだそうで旺盛な食欲も相手を圧倒する戦術であったという。

警察官 本部長戒告

記事によると、福島原発事故により周辺警戒のため派遣中の警察官らが、後輩の巡査を全裸にして手錠をかけ写真撮影したという。

巡査部長は途中で部屋をでたが黙認したとされる。
帰還後、被害を受けた巡査が上司に「こんな子供みたいな先輩と働くのは嫌だ」と報告した。

県警本部は、男性巡査を戒告の懲戒処分、上司の巡査部長ら4人を本部長訓戒や所属長注意にしたという。
戒告になった巡査は写真を同僚らに見せていたといい「初めての後輩で先輩風を吹かせたかった、申し訳ない」と釈明しているという。

パワハラの域を超え犯罪にもあたる。
悪ふざけやみっともないでは済まない。
上司は、よき先輩像を教えるのも大切な仕事。

本州最南端 ぶらり旅

白浜町富田
W_711

白浜町 椿温泉
W_714

日置川町 志原海岸
W_716

日置川町 安宅岬
W_719

W_720

串本町 潮岬
W_734

W_739

串本漁港からくしもと大橋を望む この橋、串本と紀伊大島を結ぶ「苗我島ループ橋」と「くしもと大橋」の2つの橋からなり1999年開通した。開通前、渡船に迎えに来てもらい大島で釣りをしたことがある。
W_742

串本町 橋杭岩
W_747

太地漁港
W_756

十津川温泉
W_757


新宮から熊野川を遡り、本宮、十津川から五条に抜ける国道168号線は、昔は道も狭く木材を満載したトラックがゆっくりと通行していた。
今は、道路整備も進みよくなっているが、まだまだ対向できないとこともあるが路線バスなどはすぐに譲ってくれる。
この道路、何度通ったのか記憶はないがゆっくり走れば瀞峡や谷瀬のつり橋など風光明媚な処がある。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ