知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2017年07月

口取宿

大井川川越し人足の定年は45歳でしたが、なお、仕事を希望する者には口取宿に詰めさせました。
彼らは川越しする人や荷物を各組に公平に割り当てたり、現役へのアドバイスや番宿間の連絡、忙しい時の手助けをしました。

-

上段の間(塚本家)

「上段の間」とは、奥の一室が座敷より一段(約20僉帽發なっていて、身分の高い人をお迎えする特別な部屋のことで、江戸時代、大名や公家などの宿泊する本陣には必ず備えられていました。

-

塚本家に伝わる文書によると、九州肥前(長崎県)で古い家柄を持つ大名、大村藩(二万七千九百石余)によって建てられた家です。大村藩の参勤交代や大村藩とゆかりのある諸大名や武家が、大井川を渡るときに、特別の便宜をはかり、川越しの準備や手続きを代行しました。
その間、大名を座敷の上段の間にお通しして接待し、休憩や昼食をとったことが伝えられています。なお、宿泊は、定められた宿場の宿泊施設以外では原則禁じられていましたので、大名は島田宿内の本陣に泊まりました。建物はその後、修理や改築の手が加わっていますが、基礎や上段の間には当時の様子が残されています。
塚本家歴代の主人の多くは「三太郎」を名乗り、家系の記録では、元禄まで遡りますが、川越し場が開設された当時からの旧家と推察されます。

升形跡(宿西入口)

宿場の出入り口には、「見付」と呼ばれた施設があり、もともとは城門の見張り施設のことを言いました。宿場の見付は、上に柵や竹矢来を設けた石垣や土手で、街道の直角や鉤の手に区画したり、または三方をコの字型に囲った桝形の見付もありました。

-

島田宿の西入口は、川沿いに土手で囲い、東側は正覚寺入口の小路で囲った、例の少ない升形の見付が設けられていました。
ここに宿場の番人を置いたという記録はありませんので、宿場の境界として設けられ、本陣の主人や町方の役人が大名行列の送り迎えをした場所とされている。

参道石垣

この石垣は、悠久の昔から変わることなく流れつづける大井川から江戸時代に川越稼業の人足たちが日々の業を終えて帰る際に河原から石一つを持ち帰り蓄積して、この土手(堤)石垣を築いたものである。

-

-

写真は静岡県島田市大井町にある大井神社の参道、

ジギタリス

ジギタリス(ゴマノハグサ科) 原産 ヨーロッパ
葉に含まれる成分は有毒ですが、強心成分を含んでいるので、昔から薬用に栽培されてきました。

-

パッシフロラ・アラタ

岩石獅子(サボテン科)

-

パッシフロラ・アラタ(トケイソウ科の常緑つる性植物) 南アメリカ原産
花の形が時計を思わせることから「時計草」の和名がある。 果実は10cm程度あり食用になる。

-

-

天人の舞

天人の舞(科名:ベンケイソウ科)
属名:カランコエ属
学名:Kalanchoe orgyalis
別名:天人の舞

-

大マトイ(トウダイグサ科)

-

唐印

大きな葉っぱが花のような姿を作り出すデザートローズ、「唐印」という別名でも親しまれ、秋になると紅葉も楽しめる多肉植物です。
ジャンル; 多肉植物、  形態; 多年草、 学名; Kalanchoe thyrsiflora、 原産地 南アフリカ

-

岩石獅子

-

黒法師

冬型の多肉の代表ともいえる黒法師は茎の上部にロゼット状の葉っぱを付け、光沢のある黒紫の葉っぱ特徴的で人気の多肉植物です。冬型なので、冬に生長し夏は休眠します。

-

春・秋・冬はたくさん日光に当てて、葉の黒を美しく出すには太陽の光が必要です。夏は涼しい半日陰で、適した温度は15〜20℃です。5℃以下と25℃以上になると生育が鈍くなります。
春・秋・冬・・・土が乾いたら鉢底穴から流れるくらいジョウロでたっぷりと与え、冬の水やりは暖かい日が理想です。低温時にあげることで根が傷んだり、根腐れの原因になります。
冷たい水を使わずに15℃くらいのぬるめの水を与えるほうが水の冷たさで根が傷つくことを防げます。 夏の水はほぼ断水します。 月に数回、葉水は与えてもよいですが、半日くらいで乾く程度に、

クジャクサボテン

中央・南アメリカ原産で森林性のサボテンの交配種で、扁平あるいは三角形の茎をもち、春に美しい花を開花させます。夏に旺盛に生育して、冬には生育が鈍化しますが、その間の低温と乾燥によって花芽が作られます。
花は非常に豪華で、巨大輪の品種では花径が30センチ近くにもなります。

-

園芸分類;熱帯植物・多肉植物
形態;多年草
原産地;メキシコ南部〜アルゼンチン
草丈/樹高;50〜100センチ
開花期;5月〜6月
花色;白・赤・ピンク・オレンジ・黄,紫
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ