知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2019年03月

武家屋敷(田村家)

旧田村家は大野藩の家老を務めた田村又左衛門家の屋敷跡です。宝暦九年(1759)、代々家老を務めた田村左衛門家から分家し、大野城の外堀の内、三の丸に屋敷が与えられました。

-

禄高は100石から始まりましたが、二代目俊強が家老を務めると天保10年(1839)300石に加増されました。
主屋は文政10年の類焼後に農村部から古屋を移築改築した建物で県内でも数少ない現存する武家住宅の一つです。

-

七間清水

霊峰白山の支脈に囲まれた大野盆地は真名川・清滝川の伏流水に恵まれた清らかな町です。古より町の各処に清水が湧き出しており、お清水が昭和60年環境庁の選定した「名水百選」となり、平成18年この七間清水が「ふくいのおいしい水」に選定されました。

-

この水は奥越前の芳醇な酒を造るのに欠かせない酒蔵秘蔵の仕込水として現在も尊ばれている。

二階蔵

この二階蔵は「平成16年度木とのふれあい施設づくり推進事業」により、福井県産の木材を使って改修したものである。明治20年頃に大七銀行の担保蔵として建造されたこの蔵は、当時の面影を残す建造物として洋館とともに文化庁の登録有形文化財となっています。

-

歴史的にも価値の高い建物の外観や雰囲気を損なうことなく、市民と観光客が共に利用できる交流の場として改修したものです。
木材には湿度の調整や保温効果、光を和らげる機能などがあり、触った感触の良さや木目の美しさなどの特徴があります。外壁の下見板内部の腰板などにはスチーム冷浴法により「渋柿」と「木酢液」の注入処理を行ったものを使用し、また、中柱や天井の梁は建造当時のものをそのまま利用しているので、自然な温もりや味わいを感じられる。

武家屋敷(内山家)

この建物は幕末期に大野藩家老として活躍した内山七朗右衛門良休やその弟の郎肝復呂鯒攴个靴親盪害箸竜貘陲任后J豌阿亙親りの木造切妻造り桟瓦葺き二階建てで、明治15年頃に建てられたものですが、大野城下の武家屋敷の旧態を比較的よく残しています。

越前大野城

-

内山七朗右衛門良休は大野藩の藩政改革に尽力し、特に大野屋の開設など経済面で手腕を発揮しました。藩主土井利忠・利恒の信頼もあつく万延元年(1860)家老に任ぜられ、廃藩後も大野屋を経営し士族の救済を図るなど、明治14年75歳で亡くなりました、

-

-

虚子句碑

       白濱の牡丹桜に名残あり  高浜虚子

-

昭和8年4月13日、高浜虚子熊野巡遊の帰途 白浜に一泊 翌14日 網不知桟橋から汽船豊姫丸に乗り田辺に向かう時の作。

白浜駅

-

白浜の泥岩岩脈

新生代第三紀中期中新世(約1500年前)に地震のショックによって水とともに地中から噴出した礫を含んだ砂泥が、上に覆っていた砂岩と泥岩の互層を貫いて固結した水成岩脈です。

-

-

円月島

御船足湯
御船足湯は汐風の香りと波の音を感じながら夕暮れ時の円月島を眺めることができる。

-

-

円月島で知られる高嶋は白浜町の臨海浦に浮かぶ島で島の中央に海蝕によってできた直径9辰留澤郛の穴があることから円月島といわれる。その中心から見える夕日は有名です。

-

円月島の夕日は、日本の夕日百選に選ばれており、和歌山県の夕日百選にも選ばれている。海蝕洞門の西の地平線の彼方に沈む夕日が円月島の穴を通して見える夕日は一見の価値があります。和歌山南紀地方を代表する景勝地として有名な観光地です。
穴を通して夕日が見える時期は春分時と秋分頃の期間と言われており、春分時の日の入りは18時12分頃からと秋分時は17時56分頃です。
また、観光船(白浜海底観光船グラスボート)を利用して円月島を見ることもできます。

白良浜の甲羅法師(河童)

昔、瀬戸村に彦左という力の強い男がいた。ある年の夏、田の草取りの帰り白良浜で河童と命がけの角力をとり勝ったという。それまで、河童は度々陸へ上がって来ては村人に悪事を働いていたのでそのうち二度と陸へは上がらぬという約束で命を助けてやった。

-

その時、彦左が「いつか もし 白良浜の白砂が黒く染まったり、沖の四双島に松が生えるようなことがあったら、陸に上がらせてやろう。」と言った。
河童は何とか陸へ上がろうと白良浜へ墨を塗ったり、四双島に松を植えたりしつづけたが、いつも波に洗われて願いを果たせず、とうとう陸へ上がってこられなかったという。

白良浜

つくもと足湯

-

延長620辰留鸚の浜、90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂、

-

鉛山湾白良浜

-

-

入院

3月2日、体調がおかしいので病院で検査診察をしてもらった結果、「アテローム血栓性脳梗塞」と診断されました。即入院となり昨日、一般病棟に移され現在に至っています。 
私のタブレットでは訪問も上手くいかないので退院まで二週間位とのことですので家に帰り次第パソコンにて訪問致します。よろしくお願い致します。
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ