知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2019年11月

ポルトリケンシス

ネムノキ科
多数の花が頭状に集まってひとつの花のようになり、糸状に長く伸びた雄しべが美しい。
原生地 西インド諸島

-

源右衛門山古墳

源右衛門山古墳は仁徳天皇陵古墳の北東に築かれた円墳です。墳丘は2段に築かれ、周囲には幅5叩⊃爾毅院ィ賢辰龍燭巡っていましたが、現在は埋没しています。

-

-

濠から見つかった埴輪の特長から仁徳天皇陵古墳とほぼ同時期に完成したと考えられます。仁徳天皇陵古墳に近接し築造時期も近いことから仁徳天皇陵古墳と関わりのある古墳(陪冢)と考えられます。

-

大安寺山古墳

大安寺山古墳は、仁徳天皇陵古墳の中堤と一体に造られた円墳です。中堤が外濠側へステージ状に広がった部分に墳丘が築かれています。濠に挟まった堤の上に墳丘から造られることは非常に珍しく大安寺山古墳と西側の茶山古墳の他には例がありません。

-

-

仁徳天皇陵古墳は日本最大の前方後円墳で、墳丘長486辰鮓悗蠅泙后その周辺には大安寺山古墳のように結びつきが強いと考えられる古墳(陪冢)が10基以上造られました。

-

茶山古墳

茶山古墳は、仁徳天皇陵古墳の中堤と一体に造られた円墳です。濠に挟まれた堤の上に大型の円墳が造られることは他に例がなく、茶山古墳と東側に位置する大安寺山古墳以外にありません。
周辺の古墳と比較してもひときわ仁徳天皇陵古墳との強い結びつきが想像されますが、墳丘が2段に築かれたと考えられるほか詳しいことはわかっていません。

-

-

茶山古墳北側の仁徳天皇陵古墳外濠から出土したとされる馬形埴輪や人物埴輪は茶山古墳に立てられた可能性があります。

-

菰山塚古墳

時代 5世紀中頃
古墳の形 帆立貝形前方後円墳
古墳の規模 墳丘長(現存)33

菰山塚古墳は短い前方部を南に向けた、帆立貝形の前方後円墳と考えられています。江戸時代の絵図には周濠が一部のこる、帆立貝形前方後円墳のような菰山塚古墳の姿が描かれています。仁徳天皇陵古墳の周りには10数基の小さな古墳が築かれており、この古墳も仁徳天皇陵古墳と関わりのある古墳(陪冢)の一つと考えられます。

-

-

埋葬施設や副葬品についてはよくわかっていません。墳丘は2段に築かれていたと考えられており、円筒埴輪や動物埴輪の一部が見つかっています。

s-CIMG27700

丸保山古墳

時代 5世紀中頃
古墳の形 帆立貝形前方後円墳
古墳の規模 墳丘長87叩仝絮濾径60叩仝絮濾高9.8叩〜以部幅40

丸保山古墳は、仁徳天皇陵古墳の後円部西側、外濠に接する位置にあります。仁徳天皇陵古墳と向きをそろえており、仁徳天皇陵古墳と関わりがある古墳(陪冢)と考えられます。

-

-

後円部は2段に築かれ、墳丘の周囲には濠が巡ります。前方部の短い帆立貝形のような前方後円墳としては百舌鳥古墳群で最大の規模を誇ります。埋葬施設や副葬品はわかっていませんが、墳丘からは円筒埴輪が見つかっています。
陪冢 大型古墳の周囲に築かれた中小の古墳

-

永山古墳

時代 5世紀
古墳の形 前方後円墳
古墳の規模 墳丘長100叩仝絮濾径63叩仝絮濾高10.3叩〜以部幅68.5叩〜以部高10.3

墳丘は2段に築かれているように見えますが、3段に築かれたとする意見もあります。西側のくびれ部には造り出しがあり、東側のくびれ部には濠をわたる土手がありますが、土手はもともと備わっていたものではないかも知れません。1928年に前方部西側の堤上から円筒埴輪が出土したと伝わります。
埋葬施設や副葬品については判っていません。

−

−

仁徳天皇陵古墳の周囲に築かれた古墳の中では規模が大きく、前方後円墳であることから、仁徳天皇陵古墳からは独立した古墳とも考えられます。

s-CIMG27650


1枚めの写真の堀では昭和38年頃には釣り堀が行われていた記憶があります。

セイロンベンケイ

ベンケイ草科
高さ1メートルになる多肉植物で、ちょうちんのような花をつける。葉緑から幼芽を多数生じる。
原産地 南アフリカ

-

イランイランノキ

バンレイシ科
10辰砲覆訃鑪亶睫據2屬亘Ч瓩強く、蒸留して精油や香水の原料となる。
原産地 東南アジア マダガスカル

-

ブルグマンシア オウレア

ナス科
花は長さ15僉腺横悪僉,離薀奪兢で大型、垂れ下がって咲く。英名ではエンエルストランペット
原生地 コロンビア エクワドル

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ