知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

2020年01月

収塚古墳

収塚(おさめずか)古墳は仁徳天皇陵古墳の陪冢の一つで、もとは前方部が短い帆立貝のような形をした前方後円墳でした。郷と前方部の形は地面のブロックの色を変えて表し、当時の姿を表し、当時の姿を示しています。
墳丘や濠からは、円筒埴輪や朝顔形埴輪、高杯や器台などの須恵器が見つかりました。また、かつて後円部には鉄製短甲の破片が散らばっていたとも伝わっています。

s-CIMG2841

s-CIMG2842

ユーフォルビア アビシニカ

トウダイグサ科
柱サボテンのように見えるが、サボテンとは異なる種、園芸名は「ラクガン」
原産地 エチオピア

-

ヤマカル

ハシラサボテン サボテン科
直立性で高さ10丹幣紊梁膩深錙刺を除いた茎は家畜の飼料になる。
原産地 ブラジル

-

マクロリザ

ウチワサボテン サボテン科
生長の初期に棒状の葉を生じるが早期に脱落する。花は黄色
原産地 アメリカ(ミズーリ〜テキサス)

-

ウオーキングステッキ

散歩時に良いかなと思い使っているステッキだが階段は楽だが平坦な道は散歩の速度が遅くなる。
まずは、慣れることだと思っている。

-

-

仁徳天皇陵古墳

仁徳天皇陵古墳は我国最大の前方後円墳です。第16代仁徳天皇の陵に定められ宮内庁により、「仁徳天皇百舌鳥耳原中陵」として管理されています。
墳丘の全長486叩後円部の直径249叩∩以部の幅307叩⊆濠を含めた南北長さ840叩東西長さ654叩⊆囲の距離2718叩◆¬明傳苅僑苅隠横喚屬如△修梁腓いことから「大仙陵」とも呼ばれている。

-

三段に築かれた墳丘はくびれ部の両側に造り出しを備え、墳丘の周囲には三重の周濠が巡ります。さらにその外側には、多くの陪冢が造られました。
ある試算によれば、仁徳天皇陵古墳を造るには一日最大2000人が従事して15年8ヶ月の年月が必要で延べ680万人もの人々が従事したとされており、莫大な労力が費やされたことがわかります。

-

明治5年、前方部正面の第2段目斜面で竪穴式石室が発見されました。石室には長持形石棺という石製の棺が納められ、金銅製の甲冑、刀、ガラス製容器などの副葬品が見つかりましたが、もとの通りに埋め戻したとされています。

-

-

墳丘や堤には3万本近い埴輪が立て並べられていました。円筒埴輪の他女性埴輪や馬形埴輪、水鳥形埴輪などが出土していますが、それらの制作年代より5世紀中頃に古墳が完成したと考えられています。

-

孫太夫山古墳

時代 5世紀中頃
古墳の形 帆立貝形前方後円墳
仁徳天皇陵古墳の周りには十数基の小さな古墳が築かれており、陪冢と呼ばれます。なかでも、この古墳は仁徳天皇陵古墳の中心線上に築かれており、関係の深さがうかがえます。
後円部は築かれた頃の形がよく保たれています。前方部と濠は大仙公園を造る時にもとの形に整備しました。近年の発掘調査では墳丘に葺石があったことや、出土した埴輪の特長から仁徳天皇陵古墳と同じ頃に造られたことがわかりました。また、かつて墳頂部からは土製勾玉が見つかったと伝えられています。

-

-

竜佐山古墳

竜佐山古墳は前方部が短い帆立貝のような形をした前方後円墳で、東の孫太夫古墳や西の狐山古墳とともに仁徳天皇陵古墳の陪冢の一つです。
調査の結果、前方部北西隅には濠を渡る土手があったと考えられます。埋葬施設や副葬品などは明らかになっていませんが、墳丘から転落した葺石や埴輪が濠から見つかりました。埴輪の特長から仁徳天皇陵古墳よりも新しく、陪冢の中では最も新しい時期に築かれたと考えられます。

-

-

アウストロキリンドロオプンチア

サバーファーム

-


サボテン科
先端付近に長線形葉を持つ。
この種が進化しウチワサボテンとなった。
原産地 ペルー南部

-

ミッキーマウスノキ

オクナ科
実の形がミッキーマウスに似ている。英名ではバードズ アイブ ッシュと呼ばれる。
原生地 南アフリカ

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ