行ってみたいという気持ちが日々高まる所が岐阜と長野の県境にある〈野麦峠〉だ。

かつて飛騨の糸引きたちが赤い腰巻きに草鞋で信濃の岡谷や松本方面に向かった明治から大正にかけての交通の要所だった野麦峠である。

峠一面をおおうクマザサは10年に一度くらい根本から稲穂のようなものが出て実を結ぶ、飛騨の人々はこの実を粉にして団子を作って飢えをしのいだ年もあったという。この実を飛騨では〈野麦〉と言ったようだ。

またの名を〈野産み峠〉ともいう。
若い女工たちのなかには身ごもって帰る子も少なくはなく、険しい峠道を登り切った頃にはふらふらとクマザサのなかにうずくまり非情にも産み落したという。そして赤い腰巻きに包まれて笹の根本に葬られた。いつしか地蔵様が建ち人は〈野産み峠と〉呼ぶようになったとある。


女工哀歌は数多く−

− 籠の鳥より監獄よりも 製糸づとめはなおつらい −

− 年期証文一枚銭で 封じこまれてままならぬ −

− 女工殺すにゃ刃物は要らぬ 糸目テトロ(検査)でせめ殺す −

− 袂に小石を拾いこみ 死ぬる覚悟ときめたれど
   死ねば会社の恥となり
     帰れば親娘の恥となる 思えば涙が先に立つ −

− 諏訪でお女郎は三十五銭 私娼ころべば十五銭 機械女工は芋一つ −

− 旦那さまには帯もろた おかみさんには暇もろた −



子供の頃に見た映画で記憶に残っているのは、岡谷の工場で働く〈みね〉二〇歳が病気になって兄〈辰次郎〉が迎えに来る。重傷の〈みね〉を用意してきた背板に乗せて帰るのであるが野麦街道を幾夜も歩き続けて野麦峠の頂上に辿り着くと〈みね〉は「ア−飛騨が見える、飛騨が見える」と言って息を引き取ったのである。
これは実話であって明治四十二年十一月二十日午後二時のことであった。


暖かくなって雪が解けた頃に行ってみよう。