中学校卒業時のアルバムが出てきた。
表紙を開けるとメッセージが書かれていた。


○○君、卒業おめでとう
見ちがえる程 まじめになってくれて、僕は嬉しい。
よくやったと叫びたいような気がする。
忘れられない人の一人だ。
                  ○○○○



そういえば確かに学生時代は悪かった。
何度、母親を泣かせたことか!

そして今は子供に泣かされている。