次のような記事が目に入った。

『米テキサス州で22日、男性死刑囚1人に対する執行が行われ、同州で死刑制度が復活した1976年以降、400人目の執行となった。
米国では現在、38州が死刑制度を導入しているが、執行数はテキサス州が突出して多く、同州独特の「カウボーイ気質」の影響が指摘されている。
400人目となったのは、コンビニ店員を射殺するなどして死刑判決を受けたジョニー・レイ・コナー死刑囚(32)。同州では今年21人目の執行で、今月中にさらに3人の執行が予定されている。
米国では72年に連邦最高裁が「死刑は違憲」との判断を示し、死刑制度が一度は消滅。しかし、凶悪事件の増加を背景に、最高裁は76年に死刑容認に転じた。』


私は基本的に死刑廃止論者ではあるが弁護のしようのない凶悪犯罪を見ると考えざるを得ない気持ちになる。

事実、凶悪犯罪者を出さなければ次の犯罪がなかった例がある。
裁判員制度の導入を機に終身刑を議論してはどうだろうか。

今の制度は加害者の人権が被害者の人権を上回っているように思う。
民主主義とは何かを問い直す良い機会ではないだろうか。