戦争が終わって62年と言うが、
侵略戦争に失敗して原子爆弾を2発も落とされ多くの国民や他国の国民を犠牲にして戦争に負けて(ポツダム宣言を受け入れ)62年が経った。

戦争は人を変え、多くの犠牲を伴う、戦争ほど悲惨なものは他にない。
地球上で一番利口な人間は戦争を繰り返してはならないことを体験した。

沖縄では集団自決や崖から飛び降りる婦人の姿がビデオに残っている。
中国では奪い尽くし、焼き尽くし、殺し尽くすという作戦をとった。
南の島々では多くの日本兵が餓死した。

そして広島・長崎に原子爆弾を落とされ目が覚めたはずだった、が、
防衛庁を防衛省に格上げし、次に自衛隊を自衛軍にするという。
憲法9条を変えて、集団的自衛権を確立してという構想がある。

利口な人間は人に優しく地球にも優しくなければならない。





BC級戦犯に問われ死刑判決を受けた加藤哲太郎の手記

『私は貝になりたい』から


   ………こんど生まれかわるならば、私は日本人になりたくはありません。
   いや、私は人間になりたくありません。

   牛や馬にも生まれません、人間にいじめられますから。
   どうしても生まれかわらねばならないのなら、私は貝になりたいと思います。

   貝ならば海の深い岩にヘバリついて何の心配もありませんから。
   何も知らないから、悲しくも嬉しくもないし、痛くも痒くもありません。
   頭が痛くなることもないし、兵隊にとられることもない。戦争もない。
   妻や子供を心配することもないし、
   
   どうしても生まれかわらなければならないのなら私は貝にうまれるつもりです。