ハイチの地震は赤十字によると死者5万人以上、ケガをしたり家をなくした人は300万人を越えるとしている。

中国等は迅速な救助活動をしているが日本の対応の遅いことはどうだろう。
1分1秒を争う人々の命がかかった活動なのに、

建物崩壊の原因は汚職の蔓延にあるようだ。
鉄筋の数は少なくセメントの量も極端に少ないとの報道があった。

地震がなくても建物が崩壊したとのこと、
気温30度を超えるなか迅速な救助と物資の援助が求められる。

被災した国民に行き渡るような監視も必要なことはいうまでもない。