『一丈の堀を越えんと思う者は
   一丈五尺を超えんと励むべきなり』     法然(1133〜1212)

いつも自分を厳しいところに置かなければ、人間は易きに流れるものである。