宮城県の避難所で小学生達が避難者に役立とうと皆が知りたい情報を携帯テレビや口コミを入手して情報を書き留め掲示板に貼りだしている。

例えば銭湯は何処に行けば入れるとか、仮設住宅の入居の申し込みはなど、情報先も記入されているという。

専門家も高く評価し、ぜひ記入した用紙は残して欲しいという。

たしかによい資料となるだろう。
人の役にたちたいという気持ちがよいアイデアを生む、情報先を書くというのはなかなか思い浮かばない。