北惣門橋は内堀の東側にあった家老屋敷と城内を結ぶ重要な通路であった。

-


明治時代に石造りのアーチ橋に変わり「眼鏡橋」と呼ばれていたが、史跡にふさわしい木橋とするために橋下の発掘調査や絵図・文献資料を検討して現在の橋が復元完成した。