-

斉明天皇6年(660年)5月、皇太子中大兄皇子(後の天智天皇)は、日本で初めて水時計を作って人々に時刻を知らせました。
精密に堅固に築いた水時計建物と建物内の中央で黒漆塗りの木製水槽を使った水時計装置が見つかりました。水を利用した様々な施設があることもわかりました。

-

当時の日本は中国の先進文明を積極的に取り入れて律令制に基づく中央集権的な国家体制を急速に整えつつありました。
中国にならい政治や人々の社会生活を明確な時刻制によって秩序づけようとしたことが覗えます。