河崎は勢田川の水運を利用して、戦国時代初期から町としての機能を整え安土桃山時代に伊勢神宮周辺の経済の中心として位置づけられ、江戸時代には大きな問屋街へと発展し、おかげ参りに代表される参宮客で賑わう宇治・山田に大量の生活物資を供給する伊勢の台所としての役割を果たしていました。

-

-