高野街道を進むと右側に鳥帽子形城跡の登り口が見えてくる。

-

鳥帽子形城跡は、喜多町所在の通称鳥帽子形山の頂上部にある戦国時代の山城跡です。
この城跡には戦国時代の山城の特長である自然の丘陵を改変してつくりだした迫力のある土塁や空堀が残っています。
この城は応仁の乱の前から河内国の守護大名を務めた畠山氏という大名によって使われていました。

-

畠山氏が衰えた後は、三好長慶、織田信長、羽柴秀吉なども関わった合戦で使われました。合戦の様子は、当時の知識人が書き残した日記や江戸時代の書物などに描かれているようです。