東福寺芬陀院 雪舟庭園

-

-

芬陀院南庭は画聖雪舟等楊師(1420〜1506)の築造とされています。
雪舟が少年時代を過ごした備中(岡山県)の宝福寺は東福寺の末寺で芬陀院との縁は深く、雪舟が本山に参った時には芬陀院に起居していました。

庭園様式は、禅院式枯山水庭園で、作庭の時代は寛正・応仁(1460〜68)頃と認められており、京都で最古の枯山水庭とされています。

-

雪舟の少年時代、涙で鼠を描いたという逸話はよく知られていますが、関白の兼良公はそれを思い出し、雪舟に亀を描くことを所望されました。
ある日、雪舟は庭にでて砂を整え、石を動かし始め、次第に亀の形になり立派な石組みの亀ができました。
雪舟は筆ではなく石組みで亀を描いたのです。

-

-

 東庭と図南亭

-

-

-