山岡鉄舟、名は高歩、通称鉄太郎、幕末明治の政治家、禅に通じ剣をを極め、書を能くした。
陣屋の松をみて、

       「降雪と
         力くらべや
            松の枝」  亀半  と詠んだ。

-

弘化二年(1845)飛騨郡代として着任した父 小野朝右衛門 母 磯について高山陣屋へ入った。書は高山の書家岩佐一亭に教えられ十五歳で弘法大師流入木道の伝統を継承した。
剣は江戸から招請した北辰一刀流の井上清虎に学び、のち一刀流正伝を継ぎ、無刀流の一派を開いた。
禅は十三歳頃に初め国・漢学 絵画等も高山在住時代の約八年間に学ぶなど人間形成の礎は飛騨の風土の中で培われたものと考えられている。

父母死去後、江戸に帰り、のちに山岡家の養子となった。勝海舟や義兄の高橋泥舟等と共に幕臣として活躍する。慶応四年(1868)三月、西郷隆盛と会見して、江戸を戦火から救い徳川家に安泰を導いた。
維新後は明治天皇の侍従をつとめ宮内小輔を拝命する。