「 さくら活けた
          花屑の中から一枝拾ふ 」   河東 碧梧桐(かわひがし へきごとう)

-

碧梧桐は、愛媛県松山市千舟町に生まれ、虚子と子規門の双璧で、子規没後、日本俳句の選者を継ぎ、やがて非定型自由律の俳句を唱えた。
碧梧桐最初の句碑で、昭和6年松山刑務所内に情操教育のため、虚子の句碑とともに建てられた。