滋賀県日野町内でただ一ヵ寺の日蓮宗の寺(経王寺)である。
明治初期に旧西大寺藩士の家に日蓮宗の道場が生まれ、それがこの寺の創立となった。

-

この辺りは江戸時代一万八千石の大名市橋公を藩主とする西大寺藩(仁正寺藩)の藩士達が住んだ地域であり廃藩後、上殿町の更木戸にあった門を経王寺の山門に移した。
鬼瓦に市橋公の家紋割菱を刻むこの山門は数少ない旧西大寺藩の遺構の一つとして歴史上で重要な遺物といえる。