山陽の祖父又十郎は、宝永4年(1707)頼兼屋弥右衛門善裕の長男として生まれ、諱を惟清といい晩年には亨翁と称した。

-

交運のさかんな竹原の町に紺屋を営みよく詠じたが天明三年(1783)77歳で没す。その子春水(山陽の父)、杏坪はともに広島藩の儒官となり、第2子の春風は竹原の家を継ぎ医院を開いた。
この家は重層屋根入母屋造り本瓦葺の母家と、道路に接する単層屋根切妻造り本瓦葺の離れ座敷からなっており、双方とも塗りごめ造りである。母家の道路側八畳は紺屋の店であったものと考えられている。

-

備考
江戸時代後期の儒学者や詩人として活躍した文人、頼山陽の祖父・惟清が紺屋を営んでいた町屋。紺屋用、家事用、書道用の井戸がある。