森川家は元塩田地帯に総石垣(高さ二間)で敷地を造成し、沼隈(福山市南方)から明治前期の富豪山路家の母家を移築し改造して母家とし、その背後に座敷を新築し大正初期に完成した。

-

そして、離れ座敷を新築して、さらに竹原を中心に幕末から明治前期に活躍した文人、不二庵作の茶室を市内から移築した。
現在は周囲の塩田がすべて埋め立てられ、壮大な石垣が埋没して往時の景観は見ることができないが、母家をはじめ、離れ座敷、茶室、隠居部屋、土蔵、表門、脇門、土塀などの付属屋が完存しており、大正期の素封家住宅の状況を伝えている。

-

-

母家は、土間部分は移築以前のままと考えられるが、床上部分は移築時に改装されている。正面に玄関式台を突き出し、玄関の間から鉤の手に、移築時に加えられた平室部分を含めて五室の座敷を並べ、さながら江戸時代の大名屋敷を想わせる。