奈良盆地のほぼ中央、東に初瀬川、西に飛鳥川が流れる地に位置する磯城郡田原本町の町並み

-

下ッ道

-

田原本は弥生時代の唐古鍵遺跡から始まり飛鳥・奈良時代には下ッ道が開通しこの下ッ道が大和国条里の基準となる。
又、弥生時代から大陸文化の入口であった難波津(大阪湾)と田原本・今里浜を結ぶ大和川による水運が江戸時代に大和盆地の中心である田原本が問屋町として発展し近世田原本の礎となった。

-

-

浄照寺
慶安四年(1651)田原本二代領主平野長勝により創建され、御門跡兼帯所として本願寺御坊に列せられ大和に七十二ヶ寺の末寺や配下を有していた。当初は円城寺といい、本末改めなどの手違いからか寛延二年(1749)寺号を改め浄照寺と称した。

-

本誓寺
草創は鎌倉時代で、正和五年(1316)花園天皇の頼願所として本覚院と号し、もと八幡町にあった。賤ヶ岳七本槍で武名を馳せた平野権平長泰は五千石をもって当地を領し、教行寺退去の跡へ正保四年(1647)二代長勝が今の位置に移して菩提寺とした。

-