豊臣方、徳川方の最後の決戦が始まった慶長20年(1615)泉南地方や八尾・若江など各地で大きな戦が繰り広げられていた。
その中でも、大坂の関ヶ原とも言われる激戦が繰り広げられたのが「道明寺の合戦」である。

-

備考
慶長20年5月6日未明、大坂城を出た後藤又兵衛基次は徳川方の出鼻をくじくため河内国分へと2800の兵を進めた。道明寺に着いた又兵衛は、石川を渡り小松山に上がり河内国分を見下ろすと、そこにはすでに数万の徳川軍が集結を終えていた。
かまわず果敢に戦いを挑んだ又兵衛は奥田忠次三郎衛門を討ち取るなどの戦果をあげたが多勢に無勢、8時間にわたる激闘の末、水野勝成や伊達政宗に圧されて自刀、隊は壊滅した。勢いづいた徳川軍は、石川を渡って道明寺へと進軍した。
そこへ、遅れて到着した薄田隼人正兼相や明石全登が迎え撃つも徳川勢の勢いは止まらず薄田隼人は善戦空しく討死した。

いよいよ崩れかけた豊臣方を立て直したのが真田信繁(幸村)であった。幸村は、誉田八幡宮付近に布陣した。これには、伊達政宗の武将片倉重長が盛んに攻め立て両者相譲らず、戦いは膠着した。
そこに届いたのが、八尾・若江の戦線で豊臣方の防衛が突破されたとの知らせであった。この知らせを受け戦場を縮小し大坂城の守りに転ずべしとの毛利勝永の采配で、戦いの舞台は道明寺から天王寺へと移された。
その際、殿軍を務めた幸村は「関東勢百万と候へ、男は一人もなく候」と徳川軍を嘲笑しながら悠然と立ち去ったと言われている。翌5月7日、真田幸村は討死、大坂城は陥落した。