ふるさとの 潮の遠音のわが胸に
               ひびくをおぼゆ 初夏の雲

-

与謝野晶子は、近代文学・古典現代語訳・社会評論・教育など多方面で時代を切り拓きました。