妙泉寺

-

-

レンガ道

-

-

寺田屋住宅(登録有形文化財)
寺田財閥の一族で鋳造業を営んでいました。大丸百貨店の設計で昭和11年に建築され、主屋は外観を洋風にした木造住宅で、隣接して茶室、内倉、外蔵、納屋があります。昭和28年には高島屋の設計で鉄筋コンクリート造りの新宅が建てられました。

-


[妙泉寺]
貝塚市内唯一の日蓮宗寺院で、寺に残る縁起によると永正15年(1518)堺の成就寺の僧日詮が岸和田城下に創建したという。その後、王寺村、海塚村へ移転し慶長3年(1598)に日喜の代に当地に移転した。
現在の本堂は文化3年(1806)の再建である。門前にある「南無妙法連華経」の文字を刻んだ題目塔は安永10年(1781)建立で髭題目と呼ばれる日蓮宗独特の書体で刻まれている。