南海高野線 九度山駅

-

真田のみち

-

-

真田古墳

-

真田古墳は、紀の川と丹生川とによって開折され段丘状台地の南斜面中腹に立地し、大坂夏の陣に六文銭の旗印をはせた。かつて真田幸村が草庵をむすんだゆかりの地でもあり、この古墳も「真田の抜け穴」と伝承されていた。
現今では墳丘が削られて、石室天井部が地上面と同高位にあって、いわゆる地下式石室と呼ばれるものである。
石室は南向きの横穴式で割石積みの側壁と平石を用いた奥壁および天井とをもって構成されている。