この建物は、400年以上前に建てられたもので、東日本に現存する最も古い民家のひとつです。江戸時代に小諸与良町の庄屋をつとめた家で、当時のままの立派な玄関、庭に面した座敷があります。

-

小諸のお殿様が時々訪れていたので、警戒が厳重な造りとなっており、玄関には中からだけ相手が見えるのぞき戸があり、いざという時に殿様が身を隠すための隠し扉や、警備の人が隠れている部屋があります。江戸時代後期に一部改築されていますが、中央広間や大床のある部屋は建築当初のままです。
三角の切妻板葺き屋根、農家に似た部屋割り、門は薬医門で、江戸時代初期の有力な町人の屋敷の姿をよく残しています。道路側に堂々とした切妻屋根を見せているのも町屋の建築としては珍しく貴重な建物です。