平安時代の永治二年(1142)に祇園社参拝のために、勧進型の寄付活動により板橋が架けられ、安政四年(1857)に石造の橋に、さらに明治七年に鉄製に架け替えられました。

-

大正二年には京都市電の開通に伴い鉄筋コンクリート製のアーチ橋に架け替えられましたが、アーチに流木が引っ掛かり水害の原因となったため昭和一七年に現在の橋に架け替えられました。

-

明治期の四条大橋

-