御坊で最初の近代的工場は、大正2年に操業を始めた日の出紡織で、御坊の産業革命の先駆けとなりました。すでに、明治の終り頃日高製材所・日高電灯会社の創立をみていたが、大正時代には日高紡績・日の出紡織松原工場・日高川水力電気株式会社等が設立操業された。御坊の産業革命の中心は、紡績と製材業で、日高川河口に集まった三紡績工場の従業員は大正末には2000人を越したと言われています。

-


日の出紡織は大川英太郎(渋沢栄一の甥)、当時大阪紡績取締役)が関西の有力者とともに和歌山県日高郡(現・御坊市)に設立した会社です。
日高は紡績に適した温度湿度に恵まれ、木材運搬にも利用される日高川があり、交通の便も良い場所でした。大川はこれらの好条件に加え、東京や大阪の紡績工場に出稼ぎに行く女性が多いことから工場設置が労使双方の役に立つであろうこと、そして「素朴勤勉な気風が頼もしい」ことなどをあげて、日高を「全ての点において申し分ない」紡績工場地であると表現しています。
渋沢栄一は当初「日高紡績」と仮定されていた社名を、将来の事業拡張などを考慮して改名するよう大川に進言、その結果「日出紡織」の社名で創業することとなりました。1941年、日出紡織は和歌山紡織、出雲製織、錦華紡績との四社合併で大和紡績となり、本拠地を大阪に移しました。