ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)
モクセイ科の落葉高木で葉はて托葉のない単葉で、長い葉柄があり対生する。緑色、楕円形、、長さ3〜7僂如⇔¬未砲漏貎Г量咾生える。
花は4月下旬から5月中旬に純白で円錐状の集散花序を小枝の先につける。果実は核果で熟すと黒くなる。
別名については、昔、上野に大きな木があったが名前が判らないので「ナンジャモンジャ」と呼んだことに由来すると伝えられる。

-