この石橋は「円通橋」と称して、池を「皓月池」と云い長さ約40メートル、幅約6メートル、橋脚、敷石板、欄干など全て花崗岩の切石を用いている。

-

橋脚によって作られた二つのアーチが池水に映る姿は、あたかも眼鏡のようにみえうところから、通称「めがね橋」とも云われる。
安政3年(1856)12月に竣工し、当時は「奇巧ををつくした石橋」として、「花洛名勝図絵」にも紹介される。

-