寛永九年(1632)に宇治茶を将軍家に献上することに始まったお茶壺道中、家光は将軍の権威を示すため、毎年江戸京都間を往復する一行の茶壺に、はなはだしく威勢を持たせた。

-

宿場では百人の人足を出す定めがあり、多い時にはお茶壺奉行はじめ百人以上の行列をもてなさなければいけないので負担も大きく、この茶壺は各宿場から大いに恐れられていた。
行程の都合で岡崎伝馬宿ではこの一行はご馳走屋敷で休んだ。ご馳走屋敷には岡崎藩の家老が出向き、丁重にもてなしたと記録が残っている。