江戸時代街道を旅する人々が便りにしていたのが「道標」です。主要な道の分岐点には必ず道標が建っておりました。東西南北を太陽に頼るしかない当時の旅人にとって自分の行き先を示してくれる道標はどんなに有り難い存在であったか想像できます。

-

この道標は伝馬の脇本陣であった杉山家所蔵の物を複製したものですが、素材も当時そのままの岡崎産の良質な「花崗岩」を使用し、建っていた場所は東海道より足助街道へ行く道を示しています。