冬型の多肉の代表ともいえる黒法師は茎の上部にロゼット状の葉っぱを付け、光沢のある黒紫の葉っぱ特徴的で人気の多肉植物です。冬型なので、冬に生長し夏は休眠します。

-

春・秋・冬はたくさん日光に当てて、葉の黒を美しく出すには太陽の光が必要です。夏は涼しい半日陰で、適した温度は15〜20℃です。5℃以下と25℃以上になると生育が鈍くなります。
春・秋・冬・・・土が乾いたら鉢底穴から流れるくらいジョウロでたっぷりと与え、冬の水やりは暖かい日が理想です。低温時にあげることで根が傷んだり、根腐れの原因になります。
冷たい水を使わずに15℃くらいのぬるめの水を与えるほうが水の冷たさで根が傷つくことを防げます。 夏の水はほぼ断水します。 月に数回、葉水は与えてもよいですが、半日くらいで乾く程度に、