6万屬砲よぶ楽寿園は、小浜池を中心とする富士山の基底溶岩流の末端にあるという溶岩地形と、その溶岩中から数ヵ所にわたって地下水が湧出している現象が天然記念物として指定されている。
また、それとあわせて特殊な地形・地質に人工を加えて生み出された固有の美観が、名勝として指定されている。
しかし、昭和30年代から環境変化の激しい国土の中で湧水現象が変化しつつあり検討中である。

-

明治23年に小松宮彰仁王の別邸がここに築かれ、その後、明治44年李王世殿下の別邸、昭和に入って個人の所有となったが昭和27年三島市立公園「楽寿園」として公開された。
この建物の建築様式は、全体的に京風の数寄屋造りで、今では数少ない明治時代中期の貴重な建築物である。建築用材も吟味されており、現在では入手困難なものも少なくない。特筆すべきは、応接用の部屋であった「楽寿の間」の装飾絵画である。幕末から明治にかけての一流の日本画家の競作が一堂に集められており、県指定文化財となっている。

-

-

-

-

小浜池
昭和37年以前は常に満水の状態でしたが、渇水した状況が1年のうち大半を占めるようになっています。
昭和30年代中頃からの高度経済成長により周辺環境が変わり(人口増加・工場の増加・道路の舗装・河川工事・田圃の減少・山林伐採等)様々な原因が重なり小浜池は現在の姿となっています。
例年、梅雨時から11月頃まで水が湧くことがあり、富士山の積雪や台風・梅雨時に雨が多いと湧水することがあります。
7〜8年に一度満水になると言われています。150僂魃曚┐襪繁水と案内し、水底の溶岩が綺麗に見ることができます。

-

-