宇治橋の守り寺と呼ばれている橋寺は、推古12年(604)に聖徳太子の発願により秦河勝(はたのかわかつ)が建立したと伝えられる。宇治橋はしばしば流出し、弘安9年(1286)には西大寺の僧興正菩薩叡尊によって再興されますが、叡尊は宇治川の中州に十三重石塔を建立するとともに、橋寺で大放生会を営んだことから放生院とも呼ばれるようになりました。

-

橋寺には宇治橋が初めて架けられたことを記念した石碑がありますが上の三分の一ほどが我が国の碑文の中でも最も古いもので、宇治橋断碑と言われています。

-