釘貫門とは、柱を立てて並べて横に貫を通しただけの簡単な門のことで、町の出入り口に設けた木戸のようなものを示すこともあります。

-

現在は、この山門前の釘貫門だけが残りますが、宝暦年間(1751〜1763)の木版絵図には、他に三ヶ所の矢来(釘貫門)が描かれています。
この釘貫門は、道路を挟んで同型同大の東西二棟からなり、石橋と釘貫門の対向する親柱には、高欄が設けられていた痕跡が残っています。双方を繋ぐ構造や開閉の装置を持つものではありませんが、専修寺では釘貫門と称されています。

-

-

釘貫門は、山内寺院と町屋を隔てる堀の北側に位置し、堀上に架けられた石橋と併せて聖俗の結界をなす装置となるもので、本来の形式を留める現存する貴重な例です。

-

この石橋は、山内寺院と町屋を隔てる堀の上に架かる橋です。堀上に円弧状の橋板11枚を並べた石造りの反り橋で、橋の南側の橋詰めでは、高麗は親柱から水路に沿って折れ曲がりますが、東側では一部部材を欠き、その一部は近年新材となっています。
製作時期は、『高田史料』第3巻(松山忍明編)の宝暦10年(1760)編に、「三月八日、山門前石橋成る、初渡式」との記述があることから、その建立時期が明確です。