御影堂の正面にあり、専修寺の総門にあたる。すぐ前には道をへだてて石畳が伸び、その途中にある石橋や釘貫門、左右にある玉保院、智慧光院、さらには古い町並みと一体になっている。
二階建てで、間口20メートル、奥行き9メートル、高さ15.5メートルの門である。正面の柱間は5間で、そのうち中の3間に扉を付けて入口とし、挿肘木(さしひじき)という肘木が斗(ます)にのらず直接柱に挿し込まれる形になっている。

-

-

全体の形式と組物の用い方は京都の東福寺山門(応永12年(1405)の建立・国宝)とよく似ており、裏側で三間分だけ屋根が張り出している点(裏向拝)は他に例をみない珍しい手法である。
瓦の刻銘その他の史料によると、元禄6年(1693)頃から取りかかり、宝永元年(1704)頃に完成したものと考えられる。
柱など部材の傷みや傾きが激しくなったため大規模な修理が行われた。