文政三年(1820)、第十代藩主藤堂高兌は藩士やその子弟を教育するための藩校として有造館を創設した。
その中心である講堂の門がこの門である。入徳門の名前は、「大学は諸学徳に入る門なり」という言葉からきているといわれ、徳に入る門として作法は厳格であった。

-

明治四年、有造館は廃校となったが、その後に創設された小学校第一校、師範学校、津中学校、三重女学校兼付属幼稚園、入徳幼稚園の正門として使われた。
昭和20年の戦災時には奇跡的に類焼は免れた。戦後は当地にあった県立図書館の正門となるも、昭和42年の同館移築により、この門のみ残された。この間、入徳門は何回も場所を移り、昭和46年現在地に建てられたが老朽化がはげしくなり、昭和61年より62年にかけて保存修理工事(解体復原)が実施された。

-