津偕楽園公園

-

江戸時代この常夜灯は、もともと塔世橋の南詰めにあり「部田の常夜灯」と呼ばれ親しまれたが後に四天王寺の藥師堂前に移され、その後、偕楽園公園内に移され現在に至っている。
元治元年(1864)刊行の「五十世作楽」に描かれた絵には、津の城下町の北の入口にあたる門のそばに、この常夜灯が描かれています。

-

石柵で囲まれた中、石垣の上に春日型の常夜灯が建っていて、高さ3.5メートル、竿には「奉献」「天保元年庚申十二月建」と刻まれています。
石でできた常夜灯にしては細工が細かく、狐格子や笠屋根の裏には垂木模様があり、中台と台座の正面・側面それぞれ異なった姿の龍が力強く浮彫にされています。また、台座や基壇の石も大きく立派なものです。基壇の側面には茶屋町中、西浦中、など地域の願主や世話人の名前が刻まれています。
常夜灯を作った石工については「洞津、池宮信之 謹鑿之」と刻まれています。三重県内の常夜灯は、おかげ参りを機会に建てられたものが多いですが、この常夜灯も天保元年のおかげ参りの年に建てられたもので、旅人の安全と町内の安泰を祈るものでした。